痩せたいのに食べたい!これってもしかして、油や糖中毒??

   

 

痩せたい!のに、食べたい気持ちが止まらない!

そういうことって、よくありませんか?

我慢をすればするほど余計に食べたくなったり、食べてしまった後に罪悪感が襲って来る・・・。

なぜ、痩せたいと思っているのに食べたい気持ちが止まらないのでしょうか。

意思が弱いから?食べることが好きだから?

その食欲、もしかしたら油や砂糖への中毒症状かもしれません!

「えっ、油や砂糖で中毒になることがあるの?」

 

今回は、あまり知られていない食べ物の中毒症状について詳しく見ていきたいと思います。

中毒になりやすい食べ物を知ることで、食べたい気持ちを我慢しやすくなるかもしれませんよ。

 

スポンサーリンク

食べ物で中毒になるの?

はい、なります。

実は、私たちが普段食べているものの中には依存性がかなり高いものがあります。

その依存性の高さから「マイルドドラッグ」とも呼ばれているほどです。

そんな、私たちが普段よく食べてしまっているマイルドドラッグの正体、それは油と糖です。

どちらも普段の私たちの生活にはかかせないものですよね。

しかし、糖と油を日常的に多量摂取してしまうと脳がそのときの快感を覚えてしまい、どんどん摂取したくなるという悪循環に陥ってしまうのです。

こうなってしまうと健康にも悪影響を及ぼします。特にダイエットをしている人にとって、油と糖の中毒症状はぜひとも避けたいものですね。

 

油と糖を摂ると、なぜ脳は喜ぶの?

中毒になってしまう原因の一つに、脳が快感を覚えてしまうことを前述しましたが、その理由とは一体なんなのでしょうか?

油は1gあたり約9キロカロリーと、とても高カロリーなのは皆さんご存知ですよね。

私たちの体には自己防衛機能が備わっているため、より多くのカロリーを効率よく蓄えようとします。

そのため、高カロリーなものを摂取すると脳が興奮して「おいしい!幸せ!」と感じるようになっているのです。

糖も同じです。脳は、糖質をエネルギー源にして働いています。

そのため、沢山の糖質が入ってくると脳は快感を覚えます。

そのため日常的に摂取を繰り返していると、気が付いた時にはもう過剰な糖や油なしの生活には戻れない!という状態になってしまうのです。

なんだか怖いですよね・・・。

 

特に依存性が高い食品

そうは言っても、糖も油も私たちの体に必要な栄養素です。

ポイントは、「何から摂取するか」と「摂取する量」です。

さらに中毒になりやすい食品を知ることで、油や糖の依存状態を防げる可能性が高まります。

 

〇油への依存性が高い食品

・ラーメン

・肉料理(焼肉、ハンバーグなど)

・フライドポテト

・ポテトチップス等のスナック菓子

・揚げ物

 

〇糖への依存性が高い食品

・ドーナツ

・ケーキ

・チョコレート菓子

・ガム、アメ

・コーラなどの炭酸飲料

 

これらの食品が大好き!という人は、もうすでに中毒になってしまっているかも!?

ただ単純に食べたいと思っているわけではないかもしれません。

心当たりのある人は、一定期間これらの食品を制限し、中毒から抜け出す必要がありそうですね。

 

糖や油の中毒症状から抜け出す方法

食品とはいえ、糖や油の中毒は強力なので抜け出すのは大変ですが、少しずつ改善させることは可能です。

すでに中毒になってしまった人でもすぐに試せるような簡単な改善方法を何点かご紹介します。

 

食べ順に気を付ける

油中毒の人が、明日から一切揚げ物禁止!と言われても、なかなか試すことは難しいですよね。

無理はさらなる依存を生む可能性もありますので、極力ストレスがかからないように、少しずつ量を減らしていく必要があります。

その第一段階として、油や糖質を後の方に食べるという方法があります。

 

 

たとえば、このようなとんかつ定食を食べることになったとします。

とんかつは油、ごはんは糖質ですよね。

この場合、オクラやキャベツなどの野菜からゆっくり食べるようにして、お味噌汁なんかをすすり、そのあとにとんかつやごはんを食べるようにしてください。

油中毒の人は、ほとんどの場合がトンカツから食べてしまいます。たべる順番を変えるだけで、吸収が緩やかになり、少しずつ中毒症状から解放されていくといわれています。

糖中毒の人は、血糖値の上昇を数字に表した「食品のGI値」も気にするようにしてみましょう。

参考:食べて痩せるは本当だった?ダイエット食材をGI値で選ぶ

 

スポンサーリンク

痩せたいのに食べたい!これってもしかして、油や糖中毒??まとめ

食べたい気持ちが我慢できない人は、思い当たる節があったのではないでしょうか?

油や糖の中毒になってしまうと我慢することが難しくなりますので、今から予防して効率よくダイエットを頑張ってくださいね。

 

 

この記事を読んだ人におすすめ


この記事を楽しんでいただけましたら、下のボタンからシェアしていただけると執筆の励みになります。