ダイエット中の禁酒がツライ!もし飲むならこのお酒◆

   

ダイエット中なのに、飲み会に誘われた・・・

ダイエットをしてるけど、お酒がどうしても我慢できない・・・

そんな時ってありますよね。

普段からお酒を飲まない人にとってはわからない苦しみですが、お酒が大好きな人がダイエットをするときに必ずこういう葛藤がついてまわることでしょう。

そんなお酒好きに朗報!

実は、ダイエット中でも飲んでOKのお酒があるんです!

少しのことに気を使うだけで、罪悪感を感じることなくお酒もダイエットも楽しめちゃう!

今回は、ダイエット中に飲んでも大丈夫なお酒をご紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

ダイエット中のお酒はNG?

「お酒ってカロリーや糖質が高そう」「お酒は太りそう」

みなさん結構こういうイメージを持たれているのではないでしょうか?

事実、お酒の種類によっては糖質やカロリーが非常に高く、飲んでしまうと今までの努力を水に流してしまうようなお酒もあります。

しかし、しっかりと種類を選ぶことでダイエットを継続しながらお酒も楽しむことができます。

 

お酒選びは、糖質が決め手!

お酒はすべて太る!と思っている人も少なくありませんが、実はアルコール自体はそんなに太るものではありません。

では、お酒の何が太る原因となってしまうかというと、それはお酒の中の「糖質」なんです。

つまり、糖質の低いお酒を選ぶことが大切というわけなんですね。

 

醸造酒よりも蒸留酒!

ビールや日本酒などの醸造酒は、比較的糖質が多く含まれています。

醸造酒とは、酵母を原料としてアルコール発酵をさせるとによってできたお酒のことです。

この醸造酒を蒸留して作るのが、焼酎・ウィスキー・ウォッカなどの蒸留酒ですが、蒸留酒の方が醸造酒に比べて糖質が低めと言われています。

また、一番糖質が高く避けなければいけないのが混成酒と呼ばれる梅酒やリキュール類です。

混成酒は醸造酒や蒸留酒に香料や糖を加えて作るため、一番糖質が高くなっています。

 

どうしても飲みたい!そんな時はこのお酒!

ダイエットをしているけど、どうしてもお酒が飲みたい!

そんな衝動にかられたときは、このお酒を選ぶようにしましょう!

 

焼酎

焼酎は蒸留酒の一つで、糖質も低く太りにくいためダイエット中におすすめのお酒ということができます。

また焼酎には、血栓を溶かしてくれる酵素を増やしてくれる働きがあるため、適量を飲むと動脈硬化の予防にも一役かってくれます。

 

赤ワイン

赤ワインにはたくさんの栄養素が含まれています。

赤ワインの代表的な栄養素には、

・ポリフェノール(アントシアニン・タンニン等)

・カリウム

・マグネシウム

・カルシウム

などがあります。

赤ワインに含まれる「タンニン」には、脂肪の分解を促して消費しやすくする効果があります。

赤ワインは肉料理と一緒に飲まれることが多いですが、これは味の相性が良いというだけではなくダイエットの観点からも非常に合理的と言えます。

 

柑橘類のサワー

どうしても甘いものが飲みたいという時は、柑橘系のサワーを選ぶようにしましょう。

柑橘系の果物に含まれている酵素には、脂肪の燃焼を促し、代謝をあげてくれる効果が期待できます。

また、消化も促進してくれるため、飲み会で少し食べ過ぎたかな?という時にもおすすめ。

しかし、他の蒸留酒に比べて糖質は少し高めですので1杯におさえて、飲みすぎないようにしましょう。

 

スポンサーリンク

ダイエット中の禁酒がツライ!もし飲むならこのお酒◆まとめ

今回は、ダイエット中でも比較的安心して飲めるお酒をご紹介しました。

我慢できるなら飲まないに越したことはありませんが、どうしても我慢できない!というときにはぜひ参考にしてみてくださいね。



この記事を楽しんでいただけましたら、下のボタンからシェアしていただけると執筆の励みになります。