足痩せエステは本当に足が細くなる?効果が出るお店の選び方

   

足痩せエステに行きたいけど、どこに行ったらいいかわからない。

私がエステティシャンをしていたとき、お客様からよくこう言われました。

一言にエステと言ってもメジャーなお店からあまり知られていない穴場店まで、本当にたくさんのエステ店がありますよね。

高いお金を払ってでも痩せたいけど、絶対に効果を出したい!

お金を無駄にしたくない!

エステに通っている人の共通の願いです。

同じ金額を払っても、どのエステに行くかで効果はかなり変わってきます。

そこで今回は、「痩身」という目的に絞って、効果の出やすいお店選びのコツをお教えします。

 

スポンサーリンク

足痩せエステとは

「足痩せエステ」とは、主に下半身痩せをメインとしたお店のことです。

足痩せエステ店の中には、本当に下半身しか施術をしていないお店もありますが、ほとんどの足痩せエステ店では上半身やフェイシャルエステなど、他の施術もやってくれます。

下半身を痩せるためには全身の血流をよくした方が効果があるため、個人的には下半身だけでなく全身の施術もおこなっているところをおすすめしています。

おすすめ記事:痩身エステサロンって、どんなところ?

 

エステで何をするの?

エステに行ったことのない方は、エステがどういうところなのかわからないですよね。

「気持ちいいマッサージをしてもらうところ?」

「優雅な雰囲気を味わうところ?」

どちらも間違ってはいませんが、実際にエステに通っている人は「痩せたい!」という強い思いを抱いている方が多く、気持ちいいマッサージよりも強力な痩せるマッサージを受けています。リラクゼーションマッサージのように気持ちいいものではなく、時には強い痛みを伴うため、「痩せたいけど痛いのは苦手」という方には向いていないかもしれません。

多少の痛みを我慢できないと、強力なマッサージや美容機器の施術に耐えられず、効果を存分に発揮できないからです。そうとは知らず、高い契約を結んでしまっては本当にもったいないですよね。

ただし、

「お金をかけてでも確実に、綺麗に痩せたい!」

「キレイに痩せる為なら少々の痛みは我慢できる!」

という方には、エステは本当にオススメです。(お店によりますが・・・。)

 

エステで痩せるためには、いくらかかる?

脂肪の硬さや、肉の付き方によって変わってくるので、たまに広告で見かけるような〇〇万円で確実に痩せます!ということは決して言うことが出来ません。

誠実なお店のエステティシャンは、実際にその方の体や食生活などをみさせていただいた上で、目標の体型になるにはいくらくらいかかりそうですと、メリットデメリットもあわせて伝えてくれます。

エステの1クール(だいたい10~15回の施術)で、平均20~30万円くらい。

1クールで痩せられるかどうかは、本人の努力とエステティシャンの腕にかかっていますので、「エステで高いお金払うからには絶対に痩せてやる!」という本人の強い意気込みも必要です。

 

エステに通えば、努力せずに痩せられる?

エステのイメージとして、「楽に痩せられる」というものがありますが、これは間違いです。

エステに通ったからと言って痩せられるものではありません。

「高いお金払って痩せられないなんて詐欺じゃないの?」

「エステでやせられるわけがない。無意味。お金の無駄。」

こういう声もネットでたまに見かけますが、これはエステをどのような目的で使うかを理解していない人や、通ったことのない人お店選びを間違えた人の意見だと、こういう書き込みを見るたびに思ってしまいます。

では一体、エステとはどのような目的で利用するのでしょうか?

 

エステは何のために通うの?

エステ=痩せられるで無いとすれば、みんな何のために通っているのか疑問に思いますよね?

実際にエステに通っている人は、

「自分一人では痩せられない人」

「部分痩せをしたい人」

「ただ痩せるだけじゃなく綺麗にバランスよく痩せたい人」

という人が大半です。

もし、自分ひとりで綺麗に痩せられるならエステなんて必要ありません。

しかし、ダイエットに成功しても胸から痩せたり下半身が全然痩せなかったり、げっそりしてしまったり・・・と、見た目的にキレイではない痩せ方をしている人も多く、それではせっかくの努力が水の泡ですよね。

そうならないために、エステがあるのです。

エステでは、美の専門家が美容機器やハンドマッサージなどを駆使して、痩せにくい部位を痩せやすくしたり、体重の落としすぎや無理な食事制限によって栄養不足になっていないかなど、細かくチェックしてくれます。

そのため、一人でおこなうダイエットよりはるかに綺麗に痩せることができるのです。

エステ=痩せられるではなく、エステ=綺麗に痩せるための補助をしてくれるところです。

過度な期待をさせられて高い契約をしてしまい、後悔するのは本当にもったいないし一番避けてほしいことです。

本来のエステの役割をしっかり把握したうえで、コース内容をきちんと確認してから契約するかどうかを冷静に判断することが大切です。

その場の勢いとノリで契約させようとするお店もたまにありますが、そういうところは結果よりも契約を優先する傾向があると思っているので私はそういうお店では契約しないことに決めています。

 

足痩せエステの選び方

エステでは、お店によって取り扱っているメニューや美容機器が全然違います。

なんとなく雰囲気はエステっぽくしているけどコースの中身が薄っぺらすぎて、こんなんじゃ絶対に効果でないでしょ!と思わず突っ込みたくなるようなお店もあるから怖いです・・・。

通うお店を決める判断材料として、メニューにこれがあった方が効果が出やすい!と思うものを4つご紹介していきたいと思います。

 

キャビテーション

冷蔵庫で冷やしたバターのように、脂肪は冷えると固まって燃焼しにくくなります。

それを溶かし出して燃焼しやすくしてくれるのが、このキャビテーションです。

脂肪細胞の数を減少させる効果があると言われている機械なので、リバウンドもなく痩せることができます。

原理を話してしまうと長くなる上にわかりにくいので割愛しますが、キャビテーションを受けてから2週間は脂肪が燃焼しやすくなるため、部分痩せしたいところにキャビテーションをし、有酸素運動などで燃焼するようにすると効果的です。

 

ハンドマッサージ

なぜか、キャビテーションは入っていてハンドマッサージがメニューに無いお店が結構あるのですが、キャビテーションをしたあとは、2時間以内にハンドマッサージで全体を流す必要があります。

せっかくセルライトをほぐしても、マッサージで流さないとまた固まってしまって終わりです。

他に機械などで老廃物を流すメニューが入っているならまだいいですが、老廃物を流すにはハンドでリンパマッサージするのが一番有効なので、ハンドマッサージとキャビテーションがセットになっているところがオススメです。

 

サクション(吸引)

ここ数年でこのサクションを取り扱う店舗が一気に増えましている人気の機械です。

昔は、セルライトを潰す機械といえばボコボコした突起の付いたヘッドを使って、グリグリと押しつぶす機械が主流でしたが、それをすると毛細血管が傷ついたり青あざが出来てしまうなどのデメリットがありました。

このサクションは、強力な掃除機みたいな機械で脂肪を吸引しながらグリグリ動かすことで、固まった脂肪細胞を細かくし、柔らかくしたり燃焼しやすくする効果があります。

ただし、この機械めっちゃ痛いです!

パワーが何段階かに分かれていて、脂肪が柔らかくなってくるとパワーをあげてさらに強い力で吸引するのですが、痛すぎてもだえます。

でも部分痩せ効果はかなり期待できるので、痛みに打ち勝って足痩せしたい!という強い意気込みのある挑戦者には非常におすすめです。

 

【余談】

サクションは施術してくれるエステティシャンによって痛みが大きく変わってきます。

膝あたりの骨に機械をゴンゴン当てられたり、体重をかけながら当ててくるエステティシャンもいますが、そもそも脂肪を吸引させるのが目的の機械なので骨に当てる必要も体重をかける必要もないです。

もし、サクションを受けていてどうしても痛みが我慢できない!という人がいたら、

「脂肪を機械に吸引させてから、機械を少し浮かすようにして当てて」

と、エステティシャンに伝えてみてください。

そうすると脂肪だけを掴んで他の痛みを和らげることができる場合があります。

痛みが和らげばもっとサクションのパワーを上げて、より効果を得ることが出来ます。

ぜひ試してみてくださいね。

 

スポンサーリンク

ラジオ波

ラジオ波は、セルライトに強力な効果を発揮する機械です。

老廃物や体液を巻き込んで肥大化したセルライトに働きかけて分解し、老廃物を流れやすくしてくれます。

ラジオ波を受けた後は、ハンドマッサージもあわせて受けることをおすすめします。

ラジオ波は継続することでだんだん脂肪が柔らかくなっていき、有酸素運動などで燃えやすくなっていきます。

 

足痩せエステは本当に足が細くなる?効果が出るお店の選び方まとめ

今回は、失敗しないエステ店の選び方についてお話していきました。

エステは決して安いものではありませんが、しっかりと効果の出るお店を選べば満足いく結果がえられるはずです。

今年こそは痩せたい!と思う方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

この記事を読んだ人におすすめ


この記事を楽しんでいただけましたら、下のボタンからシェアしていただけると執筆の励みになります。