100キロカロリー以下のおやつオススメ10選

   

 

食べたい・・・

ダイエットをしていると、

どうしても甘いものが食べたい!少しだけお菓子が食べたい!と思うことはありませんか?

 

一度は我慢できても、我慢の積み重ねが大きなストレスとなり、ある日突然爆発してしまった!という経験をしている方も多いはず。

そうならないために、「これだけなら食べてもいい」というルールを自分の中で作っておいて、食べたい気持ちを少しずつ放出してあげることも大切です。

 

そこで今回は、ダイエット中でも食べられる100キロ以下のカロリーのおやつを10個みていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

食べられないストレスがリバウンドの引き金に!

ストレスはダイエットにとって、とても厄介なものです。

一生懸命、運動や食事制限をしていても、ストレスを感じると代謝が低下したり体調を崩したりしてしまうことがあります。

そうなってしまっては、ダイエットどころではなくなってしまいますよね。

また、ストレスを感じるとそのストレスを食べることで発散しようとしてしまったり、食欲をコントロールできなくなることで暴飲暴食に走り、リバウンドしてしまう原因となることもあります。

 

 

ストレスを溜めないために

では、ダイエット中にストレスを溜めないようにするにはどうすれば良いのでしょうか。

それは、「食べたいと思ったときに食べること」です。

えっ、それだったら全然痩せられないのでは・・・と思うかもしれませんが、

大切なのは我慢して食べないことではなく、食べる量に気を付けることなんです。

そうすることによって、絶対に食べてはいけない!という強迫観念から解放され、ストレスを溜めにくくなります。

 

ダイエット中に食べても良い量を決めておく

ダイエットをしよう!と思ったら、まず何キロ痩せるのか、何日で痩せるかなど簡単なダイエット計画をたてますよね。

それと同時に、今回のダイエット中に急激に食べたい気持ちが襲ってきたら、

何キロカロリーまでは好きなものを食べてもOKという自己流ルールを作っておくこともオススメです。

はじめに決めておかないと、どんどん食べてしまってダイエットをリタイヤしてしまう原因となりますので、必ず最初に決めておくことがポイントです。

 

食べてもいいおやつを何キロカロリーで設定するか

これはその人によりますが、私は一回の有酸素運動で燃焼しきれる程度のカロリーを設定することをおすすめします。

なぜかというと、ダイエット中に余分に食べてしまうことで、完璧主義な人ほど罪悪感を感じたりストレスを感じて挫折しやすくなります。

もし食べてしまっても、その日のうちに燃焼できるくらいに抑えておけば、気持ちもリセットできてその後のダイエットをまた頑張れる可能性が高くなります。

 

有酸素運動で何カロリー消費できるかはこの記事を参考にしてください。

https://miurachamo.com/yaseru-yuusanso/

 

 

100キロカロリー以下のおやつ10選

今回は100キロカロリー以下に絞ってオススメしていきたいと思います。

ちなみに、これらのおやつは20時以降には食べないことが原則です。

自分で食べてもいい食材を選定する際は「GI値の低いもの」を選ぶようにしてください。

 

①都昆布
甘酸っぱくて歯ごたえがあるので、たくさん噛めて満腹感があります。
②茎わかめ
ミネラルやカリウムが豊富で、むくみを軽減してくれます。

③ドライフルーツ
マンゴーやパイナップルなど色んな種類の果物があります。甘みもあるのでストレス緩和に効果的。

④ところてん(黒蜜)
とてもヘルシーで食物繊維もあり、ダイエットに最適です。甘みもあってストレス緩和に効果的。

⑤こんにゃくゼリー
色々な味のものがあり、とても美味しくて大人気です。甘みがあるので満足感が得られます。

⑥甘栗むいちゃいました 66kcal
亜鉛やビタミンを多く含み、アンチエイジングにも効果的です。

⑦シゲキックス 1袋89kcal
甘酸っぱい超弾力系グミです。1袋にたくさん入っているので何回も食べられるのがうれしいです。

 

どうしてもスナック菓子が食べたいときは、

(だいたい100キロカロリーくらいの分量)
⑨じゃがりこ(普通サイズ約14本)
⑩ポテトチップスうすしお・のりしお・コンソメパンチ(18g)約18枚

 

食べてもいいと決めたカロリー内なら何を食べてもいいというルールを作っておけば、ダイエット中にはタブーとされているポテトチップスを食べても罪悪感を感じにくくなります。

ただし、自分で決めたルールだけは必ず守ってくださいね。

 

スポンサーリンク

この記事のまとめ

ダイエット中に食べてもいいおやつの分量をあらかじめ決めておく。

どうしても食べたい!という衝動にかられたときは、その後のダイエットへのストレスを考えると我慢するより少し食べてしまった方が良い場合がある。

ダイエットをする上で、多少の我慢やストレスは避けては通れませんが

上手にコントロールしてダイエットの成功率をあげていくことも大切です。

メンタルコントロールをしながら、ダイエット成功に向けて頑張ってくださいね。

 

 

この記事を読んだ人におすすめ


この記事を楽しんでいただけましたら、下のボタンからシェアしていただけると執筆の励みになります。