【低カロリーで痩せる】枝豆ダイエット◆栄養満点

   

おつまみにも大人気の枝豆。

クセもなく食べやすいので、枝豆大好き!という方も多いのではないでしょうか。

そんな枝豆好きさんに朗報!枝豆を食べるだけで痩せるという驚きのダイエット法があるんです。

でも、ただ食べるだけではダメ!食べるタイミングが大切なんです。

そこで今回は、枝豆を食べるだけで簡単に痩せてしまうダイエット法やその理由をご紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

栄養満点の枝豆

枝豆は大豆と同じ植物で、大豆が成熟する前に収穫されたものです。

そのため、大豆と同じ豆類に分類されると思われがちですが、実は枝豆は野菜類に分類されています。

豆と野菜の両方を兼ね備えた健康食材なんですね。

 

なんとなく栄養価が高そうな枝豆ですが、ただ栄養価が高いだけではなく実は枝豆に含まれる栄養素はダイエット向きなものばかり!ダイエット中の人にぜひ食べてほしい食材の一つです。

では、そんな枝豆の栄養素を順番に見ていきましょう。

 

たんぱく質

畑の肉と呼ばれるほど枝豆はたんぱく質が豊富です。

ダイエット中はたんぱく質が不足しがちですが、たんぱく質が不足すると肌や髪がガサガサになってきたり、筋肉が弱ってしまうこともあります。

ダイエット中には積極的に摂取したい栄養素の一つです。

 

ビタミン類

枝豆にはβカロテンやビタミンB1,ビタミンCなどが大豆よりも豊富に含まれています。

ビタミンB1は糖質をエネルギーに変えるための重要な役割を果たすビタミンで、ビタミンCは脂肪の代謝を高めたり美肌をサポートしてくれる働きがあります。

 

イソフラボン

女性ホルモンに似た働きをしてくれる成分で、女性ホルモンの減少からおこる様々な症状を緩和する効果があります。

また、ターンオーバーを正常化し、お肌にハリやツヤを与えてくれます。

ただし、必要以上に摂取してしまうと女性ホルモンのバランスが乱れる可能性もあるので、注意してください。

 

オルニチン

オルニチンはアミノ酸の一つで、新陳代謝を高めてくれる栄養素です。

疲労回復効果も期待できます。

 

鉄分

枝豆には鉄分がたっぷり含まれています。

普段貧血ではない人でも、ダイエット中の食事制限などで貧血ぎみになることがあります。

ダイエット中には意識的に鉄分を摂るといいでしょう。

 

なぜ枝豆がダイエットに効果あるの?

枝豆は高たんぱく低カロリーで、栄養素も豊富に含まれているため、ダイエットに最適の食材です。

また、調理方法も手軽なので継続しやすいのも魅力の一つですね。

 

枝豆のカロリー

殻付きのままの枝豆100g(可食部約50g)のカロリーは、約67kcalとかなり低めです。

100g(可食部約50g)で大体皮つきの枝豆が30個くらいです。

そのうち、たんぱく質は8.7g、炭水化物6.7g、脂質4.28gで、他にもビタミンや葉酸を多く含んでいます。

 

枝豆に含まれるサポニンがダイエット効果を促進

枝豆に含まれている「大豆サポニン」という成分には、脂肪の蓄積を抑制してくれる効果があります。

余分な脂質や糖質を小腸が吸収するのを抑制してくれるため、太りやすい体質の改善にも効果が期待できます。

 

スポンサーリンク

枝豆ダイエットのやり方

枝豆ダイエットのやり方は簡単ですが、少し気を付けなければならない点もあります。

それは、枝豆を食べるタイミング食べる量です。

では、枝豆はいつ、どのくらい食べると効果的なのでしょうか?

 

食前に一皿の枝豆を食べる

殻付きの枝豆は小皿1杯分で、約100g(可食部約50g)くらいです。

この分量を守り、3食の食前に食べます。

枝豆を食べてから30分くらい空けて、普段と同じ食事を摂ってください。

食事の前に枝豆を食べることで、血糖値の急上昇を防ぐ働きと食べ過ぎ防止の効果が期待できます。

枝豆は結構お腹に溜まりやすいので、その後の食事の分量を無理なく減らすことができます。

 

枝豆を食べ過ぎると太る?

低カロリー高たんぱくの食材でも、食べ過ぎてしまうともちろん太ります。

枝豆が好きな方はついつい食べ過ぎてしまうこともありますが、分量を守って枝豆ダイエットをおこなうようにしましょう。



スポンサーリンク