ハンバーガーやフライドポテトなど!ファストフードのカロリー

   

フライドポテトやハンバーガーが大好き!

太るとはわかっていても、ついつい食べたくなりますよね。

「ダイエットをしたいのに、フライドポテトがやめられない」

「カロリーは気になるけど、ハンバーガーが大好き!」

という方も多いはず。

なんとなく高カロリーなのはわかっているけど、実際にどれほど高カロリーなのかがわからないとついつい目をつぶってしまいますよね。

そこで今回は、フライドポテトやハンバーガーのカロリーを詳しく見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

ダイエット中に最も避けるべき食べ物、ファストフード

ファストフードの中には、フライドポテトやハンバーガー、ソフトドリンクなど高カロリーなものがたくさんありますよね。

ダイエットをして、綺麗なカラダを手に入れたい!と願う人が最も避けなければならない食べ物です。

ファストフードを避ける理由は高カロリーというだけでなく、食べれば食べるだけ中毒になってしまう危険性もあります。

では、ファストフードについてもう少し詳しく見ていきましょう。

 

ファストフードの問題点1:炭水化物や糖質が多すぎる

フライドポテトの原料はじゃがいもですが、じゃがいもには炭水化物が多く含まれています。

また、じゃがいもは血糖値を急上昇させる食べ物なので、インスリンが多量に分泌されて痩せにくい体になってしまいます。そればかりか、インスリンを多量分泌させすぎて腎臓に負担が長期的にかかると糖尿病などのリスクも上がりますので注意する必要があります。

ハンバーガーに使われているパンももちろん炭水化物です。

パンも血糖値を急上昇させやすいので、ファストフードを習慣的に食べているという人はさまざまな病気のリスクが上がり、非常に危険であると言われています。

 

ファストフードの問題点2:油を大量に使っている

フライドポテト、チキンナゲット、ハンバーガーなどはたくさんの油を使っています。

油は酸化しやすく、酸化した油は体をサビさせる(老けさせる)と言われていますが、ファストフードの揚げ物に使われている油は毎日交換されていないことも多いです。

そのため、食べれば食べるほど体に蓄積しやすく、体も酸化してしまう可能性があります。

 

ファストフードの問題点3:血糖値が急上昇し、中毒性があがる

ファストフードの食べ物は血糖値が急上昇しやすいとお伝えしましたが、血糖値が急上昇する食べ物は体に悪いにもかかわらず中毒性があります。

人間の体は、生きていくために常にエネルギー(カロリー)を取り入れようとしています。

そこへ大量のカロリーが一気に流れ込んでくると、脳は興奮状態に陥ります。この興奮状態をまた引き起こしたいと脳が感じ、ファストフードが食べたくて仕方ない!という錯覚を起こさせるのです。そのため、食べれば食べるだけファストフード中毒になるという悪循環が生まれるのです。

参考:痩せたいのに食べたい!これって油や糖中毒?

 

ファストフードのカロリー

では実際に、某有名ファストフードのメニューのカロリーをみていきましょう。

 

フライドポテト

Sサイズ:232kcal (炭水化物28.2g)
Mサイズ:424kcal (炭水化物51.4g)
Lサイズ:534kcal (炭水化物64.8g)

 

お茶碗1杯分のご飯のカロリーは、約252kcalで炭水化物が約55.7gです。

炭水化物の分量の割に、フライドポテトはかなり高カロリーなことがわかりますね。

フライドポテトは、ほぼ油です。

 

てりやきバーガーセット

具体的なセットですが、かなり人気のメニューなのでしっかりとカロリーチェックしてみましょう。

(フライドポテトMサイズと、コーラのセットで計算)

カロリー:1060kcal

炭水化物:123.4g

改めてみてみると、驚きですね。

女性の一日の基礎代謝量にも届きそうなほどのカロリーと、考えただけで怖くなってしまう炭水化物の量!

これで1食だなんて驚きです・・・。

こんな食生活を続けていたら、将来病気にならない方が不思議なくらいですね。

 

ハンバーガー

某有名店のハンバーガーのカロリーを比べてみたいと思います。

 

Mc店:260kcal (炭水化物30.2g)

M店:305kcal (炭水化物35.1g)

L店:321kcal (炭水化物30.6g)

ハンバーガーだけでみると、思ったよりも高カロリー&高炭水化物ではないように思えます。

ただし、ハンバーガーをおやつ代わりにしている人はカロリーも炭水化物も摂りすぎになるので要注意!

 

チキンナゲット

「フライドポテトは太るから、チキンナゲットにする」

実際にこういう人を見たことがありますが、チキンナゲットは低カロリーなのでしょうか?

(チキンナゲット5個入りの場合)

カロリー:263kcal

炭水化物:14.0g

フライドポテトに比べると、カロリーも炭水化物もかなり少ないですね!

「フライドポテトは太るからチキンナゲット」は、間違っていなかったようです。

 

ドリンク

ファストフードには付き物!

コーラなどのドリンク類のカロリーをみていきましょう。(すべてMサイズ)

コーラ:140kcal (炭水化物35.1g)

スプライト:117kcal (炭水化物29.3g)

オレンジジュース:146kcal (炭水化物33.8g)

ファンタグレープ:156kcal (炭水化物39g)

かなり炭水化物が含まれていますね。

ファストフードのドリンクは、ほとんど糖分なので血糖値も急上昇しますし太りやすいです。

どうしてもファーストフードに行きたい場合は、せめてドリンクだけでもお茶にするとこれだけのカロリーと炭水化物をカットすることができます。

 

スポンサーリンク

ハンバーガーやフライドポテトなど!ファストフードのカロリー

筆者も一時期ファストフードにハマってしまった経験がありますが、改めてみてみるとゾッとしますね。

カロリーだけでなく、油や糖質にもダイエットや健康をおびやかす危険性がありますので、ダイエットをするときはしっかり成分表を確認してから食べるクセをつけるようにしましょう。

 

 

この記事を読んだ人におすすめ


この記事を楽しんでいただけましたら、下のボタンからシェアしていただけると執筆の励みになります。