ダイエット中の外食はコレを選ぶ!やる気の低下防止に◎

   

 

外食は、ダイエットの敵!

そう思って、ダイエット中はできるだけ外食を控えている人も少なくありませんよね。

だけど、突然の飲み会や同窓会など、断れないお誘いがくることもあり、

  「あ~あ、せっかく頑張ったのに全部終わりだ」

  「外食したらダイエットのやる気なくなる」

と、投げやりな気持ちになってしまうこともあります。

しかし、外食をしてしまったときでも選ぶメニューさえ間違えなければ、外食の打撃を最小限に食い止めることができるんです。

 

そこで今回は、ダイエット中に外食をしないといけなくなったときに選ぶメニューを、外食ジャンル別にご紹介していきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

ダイエット中に、誘いを断れない・・・

これからの季節、新人歓迎会やビアガーデンなど、なにかとお誘いが増えやすい時期ですよね。

夏までに絶対に痩せたい!そんな思いも空しく、外食のお誘いは突然やってきます。

あまり断ってばかりだとだと付き合いが悪いと思われそうだし、でもカロリーをあまり摂りたくない。

誘いを受けていざ外食に行っても、ちまちま食べて相手に気を使わせてしまうのも嫌ですよね。。

そんなときは、こんなメニューを選ぶと相手に気を使わせにくく、その後のダイエットが継続しやすいですよ。

 

ファミレス編

ママ友や久々に会う友人と利用しやすいファミレス。

ファミレスで、パスタやピザなんかを頼んでいませんか?ダイエット中にパスタやピザはダイエット向きではありませんよね。

では、どんなメニューを選べばいいのでしょうか?

 

サラダや、野菜のソテー

これだけだと、周りに気を使わせてしまいますので、前菜感覚で最初に食べます。

生野菜の方が良いですが、生野菜が苦手な人はホウレンソウなどの野菜のソテーでもOKです。

一番に食物繊維を摂ることで、血糖値の急上昇を防ぎます。

 

ざるそば

和食系のファミレス店でよく見かけるざるそば。そばは、パスタやうどんよりも血糖値の上昇が緩やかなので、麺類を食べたいと思ったときはそばにすることをおすすめします。

 

魚の定食

お魚は、低カロリーでたんぱく質が豊富に含まれています。他にも、DHAやカルシウムなどたくさんの栄養素がバランスよく含まれているので、ダイエットの味方とも言える食材です。

定食で食べるときは、できるだけお野菜から食べ、ごはんは最後の方に食べるようにすると、よりダイエット効果があります。

 

ステーキセット(ハンバーグはダメ)

外食に来たら、どうしてもお肉が食べたい!という方は、ステーキを選んでください。

ハンバーグには、パン粉や油などがたくさん含まれているため、ダイエットには不向きです。

ステーキなら、たんぱく質も摂れますし、脂身さえ取り除けばまだなんとななるでしょう。

ただし、我慢できるのであればお魚を選ぶ方が、その後のダイエットを継続していきやすいです。

 

 

スポンサーリンク

居酒屋編

お酒と一緒にちょこっとした料理をたくさん頼める居酒屋さんも、行く機会が多い外食店だと思います。

唐揚げやポテトなど、何を食べても太ってしまいような居酒屋メニューの中から、ダイエット向きなメニューを探してみましょう。

 

まずは野菜から(サラダ・やみつききゅうり・キムチなど)

どこの居酒屋さんにも大体置いているサラダ。まずはサラダから食べることで血糖値の急上昇を防ぎます。お酒にもたくさんの糖質が含まれているので、お酒の前にサラダを食べるのが理想です。もしサラダが来る前に乾杯が始まってしまったら、少しだけ飲んでサラダの到着を待ちましょう。

 

 

枝豆

枝豆は、30房(皮に包まれている状態)を食べても約70kcalと、かなり低カロリーです。

たんぱく質が大変豊富で、食物繊維やビタミン類などもたくさん含まれているので、居酒屋の中では一位二位を争うほどのダイエットメニューです。

枝豆大好きなフリをして、枝豆で少しお腹を満たしましょう。

 

 

魚類(ししゃも・刺身など)

居酒屋さんによくある焼き魚です。個人的にはほっけが好きですが、居酒屋さんではししゃもなどがよく頼まれますよね。お魚はたんぱく質やカルシウムなど、ダイエット向きの栄養素が豊富です。さらに低カロリーですので、お魚がきたらお魚大好きなフリをしていただきましょう。

 

 

焼き鳥(胸肉・ささみ)

せっかく居酒屋さんに来たら、お肉も食べたいですよね。そんなときは、焼き鳥がおすすめ。

鶏肉は牛や豚に比べ、低カロリー高たんぱくです。胸肉やささみは特にカロリーが低いです。お肉が食べたいと思ったら焼き鳥が無難です。

 

お酒は糖質が多いので、お酒を飲むときはごはんなどの炭水化物は控えるようにしましょう

 

中華レストラン編

ダイエット中に中華なんてもってのほか!そう思ってしまいますよね。

でも、中華の中でもダイエット向きなメニューがちゃんとあるんです。

人気の中華料理チェーン店の一般的なメニューから、ダイエット向きのメニューを探してみます。

 

野菜炒め

どこの中華料理店にも大体ある野菜炒め。

油が使われているとはいえ、他のメニューよりもカロリーが低めで、しっかりお野菜も摂れるのでダイエット中に食べても問題のないメニューです。

しかし、ご飯がすすみすぎて大量に食べてしまうとアウトです。ご飯は控えめにしましょう。

 

餃子

餃子の皮の中には、お肉と一緒にキャベツやニラなどのお野菜がたくさん詰まっています。

餃子のカロリーは、10個で約350kcalくらいです。中華料理店でおかずを頼むと、ほとんどのメニューが500~1000kcalくらいなので、餃子はカロリー低めといえますね。

 

五目そば

五目そばも意外と低カロリーで、一人前で約390kcalです。たくさん具も乗っていますし、五目そばなら一品でも満足できそうなメニューです。

 

八宝菜

八宝菜おいしいですね!具の種類も多くて、次どれを食べようかワクワクします。

そんな八宝菜も中華料理店の中ではカロリー低めの約471kcalです。たくさんの食材が入っているので、バランスよく色々な栄養素が摂れるので、ダイエット中の栄養の偏りを修正するのに丁度いいメニューです。

 

 

焼肉編

 

最後に、一番ダイエット中に行くのが怖いとされている焼肉です。焼肉はご飯もすすみますし、脂っこくて、一日でダイエットがリセットされてしまいそう・・・。

でも、焼肉を食べるときに少しのことに気を付けるだけで、焼肉を楽しみながらダイエットを継続していくことができます。

 

まずは野菜から

やっぱり焼肉でも、まずはお野菜から食べることが大切です。もし、焼肉食べ放題などで周りが「サラダいらない」と言ってしまったときは、キムチや浅漬けなど、一人で食べきれる量のお野菜を探して注文してくださいね。

 

お肉は、よく焼く

よく焼くことで、脂がたくさん落ちます。焼きすぎるとカリッカリになってしまうので、ウェルダンくらいで食べるようにしましょう。

 

最初はホルモンや赤身から

ホルモンや赤身は、脂も少なく低カロリー高たんぱくです。できればホルモンを一番に食べたいところですが、やっぱり最初はタン塩!という方も多いと思います。一番はタン塩に奪われてしまっても、2番目にはホルモンかハラミなどを焼けるとダイエット向きです。

 

カルビを食べるなら一番最後に

みんなで焼肉に行っていたら、順番を制すのはなかなか難しいですが、可能であればカルビは最後に食べるようにしましょう。その理由は、脂質が多いからというのもありますが、やはりカルビは美味しいので、すきっ腹に食べてしまうとごはんと一緒にたくさん食べ過ぎてしまう恐れもあります。お野菜や赤身である程度お腹を満たしてから冷静に食べることをおすすめします。

 

ダイエット中の外食はコレを選ぶ!やる気の低下防止に◎まとめ

今回は、外食をしないといけなくなった場合に選ぶメニューをご紹介しました。

外食をすると、せっかく頑張ってきたダイエットが台無しになる!そんな気持ちになってやる気がなくなりそうですが、ちゃんとメニューを選べばその後のダイエットですぐに元に戻ります。

皆さんも、急なお誘いがあったらぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

この記事を読んだ人におすすめ


この記事を楽しんでいただけましたら、下のボタンからシェアしていただけると執筆の励みになります。