ふくらはぎが細くなればスカートがもっと似合う足に!

   

 

細く、スラーっと伸びたふくらはぎは、男性だけではなく女性からみてもうっとりしますよね。
普段デニムなどのパンツを履いているとあまり気にはならないですが、よくスカートを履く人にとってはとても重要なふくらはぎ!
細いふくらはぎは、それだけでスカートがとても似合い、上品で女性らしく映ります。

そんな細くてキレイなふくらはぎを手に入れるための方法を、ご紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

ふくらはぎが細くなると、こんなに良いことが待っている!

・ヒールが似合う

・足元に品が出る

・似合うのが難しいひざ下丈のスカートもキレイに履ける

などがあります。
ファッションを楽しむ女性にとって、ふくらはぎはどうしても痩せたい部位の一つですね。

 

それ本当に筋肉太り??

昔、運動系のクラブ活動をしていた人にありがちなことですが、

 

・昔から足の形が変わっていないからこれは筋肉太りだ。

・筋肉だから落とせない。

 

と思っていませんか?
実際に、昔からトレーニングを続けていて筋肉がそのまま残っている方もいますが、もし今何のトレーニングもしていないのであれば筋肉がずっと残っているとは考えにくいです。

もしかすると、筋肉のように硬くなったその足は、セルライトやむくみでカチカチになっているだけかもしれません。

立った状態でふくらはぎの肉をつまんでみて、つまめた部分は脂肪や皮です。
つまめた部分が多ければ、まだまだ細くなる可能性が高いということですね。

 

理想的なふくらはぎのサイズは?

一般的には、理想的なふくらはぎのサイズは自分の身長×0.2センチだといわれています。

 

しかし、同じ太さでも筋肉の付く位置や形によって、見え方が変わってきますので、このサイズはあくまで目安ということですね。

 

「第二の心臓」ふくらはぎの役割

ふくらはぎは、血液を心臓へ送り返すポンプの役割をしています。
もし、ふくらはぎの筋肉が弱くなっていたり硬くなったりすると、ポンプの役割を果たせず血液が十分に心臓へ送り返されません。
血流が悪くなると、血液が停滞してしまいます。
そうなると、血液中の水分が流れ出てしまうため水分がたまり、下半身のむくみの原因になってしまいます。

 

足がむくむとどうなるの?

足がむくんでいると感じたことのある女性の割合は、なんと97%もいるようです!
足がむくむと疲れがたまりやすく、ひどい人はむくみによって痛みまで感じますよね。

血流が悪くなっているため皮膚が赤黒くみえ、見た目も良くありません。

さらに、むくんだ足をそのままにしておくと、水分だけでなく老廃物もどんどん溜まっていき、むくみが慢性化して細くならなくなってしまうんです。

そうならないために、定期的なむくみケアをおこなうことが大切です。

参考:ふくらはぎを細くする!簡単な方法とは?

 

スポンサーリンク

ふくらはぎを細くするためには

・定期的なマッサージで、むくみを和らげる

その日のむくみはその日のうちにケアすることが大切です。
お風呂の中や寝る前などに、ふくらはぎを10分ほどマッサージしてあげましょう。
・筋トレを行い、ポンプの機能を高める

ふくらはぎのむくみの原因の一つに、筋肉の衰えによるポンプ機能の低下があります。
しっかりふくらはぎの筋肉を鍛えて、血液を心臓に送り返しましょう。
・有酸素運動をおこない、余分な脂肪を燃焼させる

いま付いている余分な脂肪を落とすには、有酸素運動が効果的です。
有酸素運動で、ウォーキングやランニングをおこなっている方も多いですが、間違った方法でウォーキングなどをおこなってしまうと逆に足が太くなってしまう原因になります。
そのため、足痩せ目的で有酸素運動をおこなう場合は、水泳が一番オススメです。

 

ふくらはぎのマッサージ方法

 

すねの骨の両側(ピンクの印の部分)に両手の親指を当て、足首の方から順番にひざの方まで押していく。
このとき、親指以外の指でふくらはぎの裏側を包みながら同時に押すようにする。

下から上に向かっておこなうのがポイント。
これを、3回くらいする。

 

次に、両手をでふくらはぎの裏側を包むようにして、足首から膝裏までなでるようにマッサージする。
(足首に溜まった毒素を膝裏のリンパへ流すようなイメージ)

 

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

溜まった血液を心臓に送り返す運動

 

 

足を真っすぐ伸ばし、つま先を自分の方へ反り返らせる。
(かかとを向こう側へ押し出すイメージ)

 

 

次に、つま先をピーンと伸ばす。

これを交互に20回ほど繰り返す。

テレビを見ながらでも簡単にできて、むくみ改善効果も高いので毎日やることをオススメします。

 

筋肉を鍛えて、ポンプの機能を高める

ふくらはぎの筋肉を鍛える方法で、オススメなのが「カーフレイズ」という筋トレ法です。

 

【カーフレイズのやり方】

 

写真のように、段があるものにつま先から5センチほどを乗せ、かかとは下方向におろします。
バランスをとるために、手すりや壁を軽く持っても大丈夫です。

 

そのままゆっくりとかかとを上げていきます。
上まであがりきったら、またゆっくりとかかとを下げられるところまで下げます。

これを15回×3セット繰り返します。

 

【この筋トレの効果】

腓腹筋(ひふくきん)やヒラメ筋といった、ふくらはぎの主要筋肉を鍛えることができます。
むくみがひどい方も、筋肉を鍛えることでむくみが改善します。

ふくらはぎを細くするためには、むくみの改善と筋トレ、脂肪燃焼が効果的であることがわかりました。
これらをバランスよく取り入れながら、ぜひ理想的なふくらはぎを手に入れましょう。

 

参考:みるみる痩せる!ゴリゴリ足痩せ!めん棒ダイエットのやり方とは?

 

 

関連記事


この記事を楽しんでいただけましたら、下のボタンからシェアしていただけると執筆の励みになります。