【ふくらはぎを細くする】簡単な方法は?筋トレ方法やおすすめ足やせグッズも

   

 

なかなか細くならないふくらはぎ。

ふくらはぎを細くしたくてダイエットを始めたという方も多いはず。

しかし、なかなか思うように細くなってはくれませんよね。

ふくらはぎを細くするためには、ただ単に体重を落とすだけではダメなんです。

では、どうすればふくらはぎを細くすることができるのでしょうか?

そこで今回は、ふくらはぎ痩せに特化した足痩せグッズをご紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

理想的なふくらはぎのサイズは?

自分のふくらはぎが太いのか細いのかって、あまりわからないという方も多いと思います。

ふくらはぎが何cmになれば細いのか?その目安とは一体何なのでしょうか。

ふくらはぎには、だれが見ても健康的に美しく見える基準となる「ゴールデンカノン」というものがあるのはご存知ですか?

これは、自分の身長に0.2をかけた数字が最も理想的なふくらはぎのサイズであるというものです。

身長が150cmの方は30cm、身長160cmの方は32cmが理想的なふくらはぎというわけですね。

自分のふくらはぎが一般的に太いのかどうかは、実際にふくらはぎのサイズを測ってみて、ゴールデンカノンの数字と比べてみてください。

参考:ふくらはぎが細くなれば、スカートがもっと似合う足に!

 

芸能人のふくらはぎのサイズ

芸能人の足は、細くてすらっとしていることが多いですよね。

ふくらはぎが細い芸能人のふくらはぎのサイズって、どれくらいなのか気になりませんか?

 

参考サイズ

蛯原友里さん 約30cm

北川景子さん 約32cm

佐々木希さん 約25cm

桐谷美玲さん 約29cm

 

美脚と言われている女優さんはモデルさんは、本当にふくらはぎが細いですね!

美脚に見える重要なポイントは、ふくらはぎが細く引き締まっていること。

毎日のケアで、少しでもふくらはぎを細くしたいものですね。。

 

ふくらはぎが太くなってしまう原因

そんなに太っているわけじゃないのに昔からふくらはぎが太い方、ダイエットをしてもふくらはぎだけ細くならないという方も多いと思います。

では、ふくらはぎはなぜどんどん太くなっていってしまうのでしょうか?

 

ふくらはぎが細くならない原因その1、 むくみ

ふくらはぎが太くなってしまう原因の一つに、むくみがあります。

塩分の多いものやジャンクフードを好んで食べる人は下半身に水分が溜まりやすいですし、ふくらはぎの筋肉が少ない場合は溜まった水分や老廃物を上へ押し流す力が弱いためどんどん下半身に溜まっていってしまいます。

むくみをずっと放置してきた方は、ふくらはぎより下が冷えやすく肉質が硬くなってどんどん痩せにくくなっていってしまいます。

そうならないためにも、毎日少しずつでもリンパマッサージなどでむくみケアをすることが大切です。

参考:自宅で簡単にできるリンパマッサージのやり方

 

ふくらはぎが細くならない原因その2 筋肉不足

筋肉をつけるとふくらはぎが太くなってしまいそうなイメージですが、実はその逆なんです。

ふくはらぎは第二の心臓とも呼ばれるほど、血液を心臓へ押しかえす重要なポンプの役割をしています。

このポンプは筋肉が弱くなると、機能が低下してしまいます。

血液の流れが悪くなると、足先が冷えたり水分や老廃物が溜まってしまい、少しずつ太くなっていってしまいます。

ふくらはぎの筋肉が弱いと感じる方は、筋トレを取り入れることで少しずつふくらはぎが細く引き締まっていくでしょう。

参考:ダイエットのための筋トレ方法まとめ

 

ふくらはぎが細くならない原因その3 筋肉太り、固太り

これは、普段から激しい運動をする方にみられる原因です。

ふくらはぎが硬いので筋肉太りだと思っていたけど、実は脂肪だった!という方も多いので、普段そこまで運動量が多くない方はここには当てはまらないでしょう。

筋肉太り、固太りの方は、すでにふくらはぎにたくさん筋肉が付いているため、むくみや脂肪は少ないと思います。

このタイプのふくらはぎに必要なのは、筋肉をもみほぐしてしなやかな柔らかい筋肉にしてあげることです。

実は筋肉は、使ったあとにもみほぐさないとどんどん硬くなっていってしまうのです。運動量の多いアスリートでも、しっかりケアしている人の筋肉は力を抜いているときは柔らかくしなやかなんです。

硬くなってしまうとゴツゴツとしたふくらはぎになってしまうため、日々のマッサージがふくらはぎを細くするポイントとなるでしょう。

 

脂肪がたくさん付いてしまっている人は、脂肪燃焼で簡単にふくらはぎが細くなるかもしれません。

参考:簡単に痩せる脂肪燃焼サプリメントのおすすめランキング

 

スポンサーリンク

ふくらはぎを細くするには?

ふくらはぎは体の中で一番むくみやすい場所です。

そのむくみを長年放置していると、脂肪が硬くなり、どんどん痩せにくいふくらはぎになっていってしまいます。

また、学生の時に運動部に所属していた人などは脂肪と一緒に硬くなった筋肉も付いていることが多いため、ますます痩せにくく、筋肉や硬い脂肪で張ってしまった太いふくらはぎになってしまいます。

ふくらはぎを細くするためには、まずふくらはぎに付いた脂肪や筋肉を柔らかくほぐしていくことが大切です。

 

【ふくらはぎ痩せ】その1.脂肪や筋肉を柔らかくする

骨盤が歪んでいたり、歩き方に変なクセがある人、O脚の人などはふくらはぎに余計な力が加わってどんどん筋肉が付いてしまうことがあります。

この場合、足痩せのためにウォーキングを始めたのにどんどんふくらはぎが太くなっていってしまうという悲しい結果を招くことも!

そうならないために、毎日ふくらはぎをマッサージして、その日のむくみや筋肉の張りをその日のうちに解消する必要があります。

参考記事:ふくらはぎに効くマッサージや筋トレ方法

 

【ふくらはぎ痩せ】その2.むくみ解消

ふくらはぎは体の一番下にあるため、最もむくみの影響を受けやすい部位です。

むくんでも翌朝には元に戻ってるから何もしなくても大丈夫と思ってしまいがちですが、むくみを放置しているとだんだん戻りにくくなり、気付いた時には脂肪が硬くなって筋肉太りのようになってしまったり、セルライトがびっしり付いて痩せにくいふくらはぎになってしまうことも!

むくみやふくらはぎ太りが気になる方は、その日のむくみをその日のうちに解消する習慣を付けましょう。

参考記事:むくみ解消に効果てきめん!めん棒マッサージ!

特に筋肉量が少なめの女性は、下に溜まった血液や老廃物を上に押し流す力が弱いため、どんどんふくらはぎに溜まって夕方には足がパンパンになってしまうことが多いです。

 

【ふくらはぎ痩せ】その3.筋肉を付ける

ふくらはぎが細くならない原因の一つに、筋肉量が極端に少ないことが考えられます。

ふくらはぎは、血液を心臓に押し返すポンプの役割を果たしていますが、このポンプが弱いとどんどんふくらはぎに血液や体液、老廃物が溜まっていってしまいます。

ポンプを強くするためには、ふくらはぎに筋肉を付ける必要があります。

ただし、間違った筋トレで筋肉を付けるとさらにふくらはぎが太くなってしまうこともあるため、正しい方法で細くしなやかな筋肉を付けるようにしましょう。

参考記事:ふくらはぎに効くマッサージや筋トレ方法

 

【ふくらはぎ痩せ】その4.O脚、X脚を治す

意外と盲点なのが、ふくらはぎを細くするためにはO脚やX脚のままでは難しいということです。

骨盤や足の歪みがあると、歩いたり走ったときに全体の筋肉をバランスよく使うことが出来ず、一部の筋肉に強い負荷がかかります。そのため、負荷がかかっているところばかりどんどん太くなり、負荷がかからないところはたるんでしまい、足のラインのバランスが崩れやすくなります。

ふくらはぎが太くて悩んでいる方は、まず骨盤が歪んでいないかをチェックしてみてください。

参考:骨盤の歪みを治す体操やストレッチ

 

ふくらはぎ痩せにおすすめのグッズ

私が実際に使っているおすすめのふくらはぎ痩せグッズをご紹介していきたいと思います。

私は学生の頃に陸上部に所属していたので一般女性より筋肉が張っていたためふくらはぎがなかなか痩せず、さらにO脚なのでかなり苦労しました・・・。

色々なアイテムを試してきましたが、その中でも特に効果を感じられた4点だけをご紹介します。

私のようなふくらはぎの筋肉太り、脂肪が硬くなってきている、むくみやすい、O脚という方には特におすすめです。

 

フットマッサージャー

 

ふくらはぎの脂肪を柔らかくするためには毎日のマッサージが有効ですが、毎日かかさずマッサージをするのはなかなか大変ですよね。

フットマッサージャーなら、テレビを見ながら、本を読みながらでも勝手にマッサージしてくれるのでかなり楽にふくらはぎのむくみを解消することができます。

足首までのフットマッサージャーをよく見かけますが、ふくらはぎまでマッサージできるものがおすすめです。

     

ブーツを履くように足全体(足の甲まで)を覆ってしまうタイプもありますが、私が持っているこのタイプ(上写真)だと、前の部分が開いているデザインなので、足を前側にずらしてふくらはぎだけを重点的にマッサージすることも出来ます。

マッサージを終えたあとはびっくりするほど足がスッキリしますよ。

マッサージは3種類のタイプがあり、トントン叩いてくれたり、ひたすら揉み続けてくれたりします。

足裏も同時にマッサージしてくれるので、足の疲れも取ってくれます。

私が購入したのは5年ほど前です。価格は15800円だったのでちょっと高いな・・・と思い、購入しようかとても迷いましたが、これを使い始めてからふくらはぎの張りや日々のむくみが明らかに軽減したので、本当に買ってよかったと思えるグッズの一つです。

 

私のは古いので全く同じタイプのものは見つかりませんでしたが、

同じメーカーの類似タイプのフットマッサージャーはこれです▼

 

メディキュット

フットマッサージャーほどの威力はないものの、寝ている間にむくみを軽減してくれるので、かなり歩いた日やむくみがひどい時に使用しています。

本当は毎日使いたいですが肌が弱いので、メディキュットを履きながら寝ていると足がかゆくなって夜中に起きることもあるので、本当にむくみや疲れがひどい時だけ使用しています。

翌朝とてもスッキリしていますし効果は本当にあるので、敏感肌では無い方にはおすすめのグッズです。

薬局で安く売っていることもあるので、ネットと見比べてみて安い方で購入してみてください。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ドクターショール 寝ながらメディキュット ロング
価格:2629円(税込、送料別) (2017/5/3時点)

 

O脚のための骨盤ベルト

私はO脚なので、できるだけ背筋を伸ばして姿勢よく歩いても、ふくはらぎにだけ強い負荷がかかってしまい、長時間歩いているとふくらはぎの外側の筋肉がひどく疲れます。

もともと骨盤ベルト系は全然信用していなかったのですが、あまりにも足のダルさがひどいので何でも試してみようと思い、購入しました。

骨盤矯正ベルトを付けて歩いてみると、今まで外側に体重がかかっていたのがまっすぐかかるようになり、体重移動もスムーズでふくらはぎのダルさが驚くほど軽減しました。

歩いた時の感覚というか足裏への体重の乗り方が全く違うので、すぐに効果が実感できました。

信用していなかった分、余計に感動が大きかったです。

 

ただ、骨盤矯正ベルトは自分で装着しないといけないので、間違った付け方をすると逆に歪みやすくなることもあるようです。(装着は簡単なので、まだ間違った経験はありません)

骨盤ベルトの締め付け感が苦手という方は、姿勢を正しい位置に戻してくれる姿勢矯正ベルトがおすすめ!

特に、猫背・オフィスワーク・巻き肩の方には特におすすめです。

正しい姿勢に戻すだけで、骨盤も整うのでO脚や下半身太り、ポッコリお腹にも効果的です。
年齢より老けて見られる。
ボディーラインが崩れて見える。
こんな「姿勢の歪み」でお悩みの方が絶賛!
美姿勢ビルダーとは?

参考記事:骨盤の歪みを治す体操やストレッチ【骨盤矯正まとめ】

 

めん棒

100均などでも売っているめん棒です。

自分でマッサージするのにとても使いやすくてお気に入りのグッズです。

手だけでマッサージをすると力が必要で結構疲れますが、めん棒を使えばあまり力を入れなくてもしっかりマッサージをすることが出来ます。

参考:めん棒を使ったマッサージのやり方

 

【ふくらはぎを細くする】おすすめ足やせグッズのまとめ

なかなか痩せないふくらはぎを細くするための方法やグッズをご紹介しました。

ふくらはぎが細くなっていくには時間と根気が必要ですが、頑張って続ければ必ず細くなっていくので、自分に合った方法を見つけて継続してみてくださいね。

 

おすすめ記事:

太ももやふくらはぎが太い原因は浮き指かもしれない?



スポンサーリンク