太る原因は習慣の中にある!?

   

 

何もしていないのに、年々どんどん太っていく・・・

そう感じたことはありませんか?

まわりの人は全然体型が変わらないのに、なんで私だけ?

実は、あなたを太らせている原因は、あなたの習慣の中にあるのです。

もし無意識にしている行動が、少しずつあなたを太らせているとすれば、

習慣や意識を少し変えるだけで簡単に痩せやすい体を手に入れることができるでしょう。

少しの努力で痩せ体質を手に入れたい方は、続きもご覧ください。

 

スポンサーリンク

太っている人は高カロリーな食べ物が好き?

 

太っている人は、高カロリーな食べ物が好きな人が多いですよね。

フライドポテト、ピザ、ハンバーガーなどなど。

でも、生まれたときからこれらの高カロリーな食べ物が好きな人っていないはず。

では、なぜ太っている人は高カロリーな食べ物が大好きになってしまったのでしょうか。

 

https://miurachamo.com/aburatyuudoku/

 

高カロリーなものには中毒性がある!?

実は、高カロリーな食べ物には中毒性があるということをご存知ですか?

好きで食べていると思っていたフライドポテトやピザ・・・。

でも実際は、中毒になっていただけなんて言われてもあまり信じられませんよね?

 

高脂肪・高カロリーな食事が脳に与える影響はコカインなどの麻薬と同じで、食べ続けると「耐性」も生まれることが明らかになったそうだ(CNN本家/.)。

この研究では、ラットを「通常の餌を与えられるグループ」、「ベーコンやソーセージ、チーズケーキなどの高カロリーの餌を毎日1時間与えられるグループ」、そして「高カロリーの餌を毎日最大23時間自由に食べられるグループ」の3つに分け、40日間観察したとのこと。

高カロリーの餌を自由に食べていたラットはあっという間に肥満になっただけでなく、食事による快感への耐性が生まれ、より多く食べないと快感が生まれないという変化が脳に現れたという。また、このラット達は食べ物を前に電気ショックを与えられても食べるのを止めなかったとのこと。他の2グループでは電気ショックを与えると食べるのを恐れるようになったという。

研究を行ったPaul J. Kenny博士によると、ジャンクフードなどの高カロリー食を大量に摂取した脳では快感中枢がオーバーロードし、快感を得るためにはより多くの食べ物が必要になることが明らかになったとのこと。このような脳の変化はラットにコカインやヘロインを無制限に与えた場合と同じであるという。いずれは快感中枢が「クラッシュ」し、快感を感じるだけでなく「普通な状態」でいるためにもドラッグや食べ物を過剰に要する、まさに「中毒状態」となるとのことだ。

引用:スラド

 

つまり、高カロリーのものを食べ続けると脳が変化し、より多くのカロリーを欲するようになるということが研究結果で明らかとなっています。

このことから、高カロリーの食事には中毒性があり、単なる好みで摂取しているわけではないということがわかります。

 

・揚げ物が大好き

・ポテトチップスがやめられない

・太ってもいいからケーキが食べたい

 

という方は、脳が高カロリーな食事に支配されている可能性があるので、一定期間だけ高カロリーな食事を絶ってみた方がいいかもしれません。

 

スポンサーリンク

太っている人の習慣とは

では、太っている人が無意識にやってしまう行動を細かくみていきたいと思います。

 

何かをしながらだらだら食べる

家でテレビを見ながらポテトチップス、パソコンで調べ物をしながらクッキーなど、何かをしながら無意識に食べ物を口に運んではいませんか?

食べたいときは一度作業している手を止めて、本当に食べたいか考えてから食べるようにすると、食べる回数や量が減る場合が多いです。

 

炭酸飲料が大好き

冷蔵庫の中には常にコーラがストックしてある・・・なんてことはありませんか?

炭酸飲料に含まれている糖分には、血糖値を急上昇させ、中性脂肪が付きやすくするものがあります。さらに炭酸飲料を飲みすぎると、脳卒中などの病気になりやすくなったり、骨や歯を溶かしたり、うつになりやすくなるなどの健康被害まで!

大好きな炭酸飲料を少しずつお茶かお水へシフトしていくことで、ダイエット効果も健康も手に入れることができます。

 

おなかが空いたら食べる

食べる時間が決まっておらず、お腹が空いたら食べるという習慣もあなたを太らせてしまいます。

食事をとる時間がバラバラだと、体内時計が狂う原因になります。
体内時計が狂うと体がストレスを感じ、過食に走ってしまう危険性もあります。

食事の時間が一定になると消化吸収がスムーズになるため、余分な脂肪分を体内に溜めにくくなります。

脂肪をため込まないためにも、食事時間は一定に保つようにしたいですね。

 

痩せている人の習慣とは

では逆に、痩せている人にはどんな習慣があるのでしょうか?

 

水分を多く摂る

痩せている人は、お茶やお水などの水分を多く摂っていることが多いです。

水分をとることで、体の中の老廃物の排出を促し、代謝もアップします。

また、ダイエット効果だけではなく美肌効果もあるため、美と健康を保つために1日2リットルはお茶かお水を飲むことをおすすめします。

 

無理な我慢はしない

ダイエット中に、食べてはいけないと思うほど食べたくなった経験はありませんか?

食べてはいけないと強く思うことでストレスを感じたり、余計にその食べ物に執着してしまうため、我慢することが難しくなります。我慢したあとに食べてしまうことで罪悪感が増し、その罪悪感がまた太る原因になるなど、無理な我慢は太るスパイラルに陥る原因となります。

どうしても食べたいときには無理をせず、量を制限するなどして欲をコントロールすることが大切です。

 

便秘がない

体の老廃物の75%は便から排出されると言われています。そのため、どれだけ努力をしても便秘のままだと体に老廃物をほとんどため込んだ状態なので、痩せることは難しいです。

ダイエットをするなら、まず便秘を解消する必要があるということですね。

 

習慣を変えれば簡単に痩せられる

もしあなたの習慣の中に太ってしまう要素があるなら、無理なダイエットをしなくてもその習慣を変えていくだけで痩せられる可能性が高いです。

しかし、習慣は無意識な行動がほとんどなので、なかなか自分では気が付きにくいもの。

一度、一週間の行動を記録してみて、その中から太ってしまう行動を見つけることで痩せるための第一歩が踏み出せるかもしれません。

気になる方は、ぜひ試してみてくださいね。

 

◆おすすめ記事◆

https://miurachamo.com/aojiru-kanten/

https://miurachamo.com/sapuri-osusume/

https://miurachamo.com/konbucakurenzu/



スポンサーリンク