【ほんの少しの意識だけで出来る】くびれウエストダイエット

   

無駄なぜい肉のないきれいなお腹。

女性なら一度は憧れたことがあるのではないでしょうか。

最近では、人気モデルや女性芸能人も本格的な筋トレをしていることから、女性にとっても筋トレは身近な存在になってきました。

しかし、まだ日常的に筋トレをしている女性は少ないのではないでしょうか。

引き締まったお腹は、タイトな服を着た時にも上品にお洒落に着こなすことができますね。

そこで今回は、本格的な筋トレが苦手な女性でも簡単にできるウエストダイエットのやり方をご紹介します。

 

スポンサーリンク

お腹にぜい肉が付く3つの理由

女性は年齢を重ねると脂肪の付き方がかわると一般的にいわれています。

特にお腹は、30代以降に急激にぜい肉が付きやすくなり、落としにくい部分ですよね。

「昔はこんなところに付かなかったのに・・・。」という声をよく耳にします。

ではなぜ、年齢とともにお腹にぜい肉が付きやすくなるのでしょうか。

 

お腹のぜい肉その1、筋力の低下

お腹に筋肉があると、お腹周りの脂肪を燃焼しやすくなります。

そのため、筋肉が比較的多い学生時代はあまりお腹の脂肪は気にならなかったのではないでしょうか。

しかし筋力が衰えてくると、余分な脂肪は燃やされることなくどんどん蓄積されていってしまいます。

筋力の衰えによるお腹周りの脂肪は皮下脂肪だけでなく、内臓脂肪もあります。

内臓脂肪がつくとさまざまな病気の原因となりますので、健康にもよくありません。

 

お腹のぜい肉その2、姿勢が悪い

筋力が低下してくると、腹筋が体を支えられなくなり姿勢が悪くなってしまいます。

筋力が足りないために良い姿勢を保つことがしんどく感じるようになり、だら~んと力を抜いた姿勢が楽になってきます。

この姿勢のまま長期間過ごすと、背骨や骨盤が歪み、肩こりや下半身太り、O脚の原因となる可能性もあります。

 

お腹のぜい肉その3、内臓脂肪が多い

人には、内臓脂肪がつきにくい人とつきやすい人がいます。

そのため、太っているように見えても内臓脂肪があまりない人や、やせ型の人の内臓にべったり脂肪がついているということがあります。

ただし、自分のお腹に付いた脂肪が内臓脂肪かどうかは素人では判断が難しい場合があります。

お腹にどんどん脂肪が付いてきているけど、これは皮下脂肪?それとも内臓脂肪?と気になる方は、病院で一度検査してみることをおすすめします。

 

お腹を引き締めるにはやっぱり筋トレが一番!

筋力の衰えによるお腹の脂肪には、筋トレで筋肉を鍛えることが効果的です。

腹筋を鍛えることができる筋トレ方法を3種類ご紹介します。

 

腹筋に効果的な筋トレ1、スクワット

スクワットは筋トレの中でも万能な筋トレ方法といわれています。

スクワットではほぼ全身の筋肉を鍛えることができるからです。

痩せるスクワットのやり方は、スクワットのやり方と、ダイエットに効果的な呼吸法を参考にしてみてください。

 

腹筋に効果的な筋トレ2、腹筋

やっぱり腹筋を鍛えるなら、集中的に鍛えることができる腹筋筋トレが効果的です。

腹筋筋トレといっても、クランチやレッグレイズ、プランクなど鍛える筋肉によって筋トレのやり方が異なります。

正しい筋トレ方法で腹筋を鍛えるなら、筋トレの方法を書いた次の記事を参考にしてください。

腹筋のやり方の記事を見る⇒

 

腹筋に効果的な筋トレ3、腹筋ローラー

全身の筋肉を鍛えることができるため、男性でも腹筋ローラーのみで筋トレをしているという人もほどです。

使いこなせるまでは結構きついですが、これがラクラクできるようになるとお腹だけではなく背中、胸筋、太ももの筋肉もしっかり鍛えられていると思います。

マットを敷くスペースさえあれば、ジムに通うよりかなり安くて永久的に使えるので個人的に腹筋ローラーでの筋トレがおすすめです。

 

スポンサーリンク

筋トレはしたくない!意識を変えるだけでウエストが細くなる?

くびれは欲しいけど、筋トレや辛い食事制限は続かない!という人も結構多いもの。
仕事などで時間や気力が続かないことも考えられます。
そんな方はまず簡単なことから続けてみて、続けられそうだったら筋トレもプラスしてみてください。

寝る前の足倒し体操


まず図のように仰向けに寝て足を三角に曲げます。
足を揃えたまま膝を左右に倒します。このとき、倒した側と反対側に顔を向けます。
痛気持ちいいところまで膝を倒し、10秒キープします。
反対側も同じようにし、交互に3回ずつ毎日行います。

腰回し体操

①肩幅に足を開いて立ちます。(手は腰でもOK)
②上半身や足は動かさず、腰だけを回すように右に10回クルクルまわします。
③左側も同様に10回まわします。
これを交互に2セットずつおこないます。

この体操のコツは足を使ってまわそうとせず、腰をまわすことに意識することです。
参考:骨盤の歪みを治す体操やストレッチのまとめ◆骨盤矯正のやり方

 

猫背矯正


パソコンを操作するときは、勉強をしているときなど、机で作業をする姿勢は自然と猫背気味になってしまうため、デスクワークの方は知らないうちに猫背や巻き肩になってしまっていることがあります。
さらに、下半身やお腹の筋力も弱りやすいので、下半身太りやぽっこりお腹の原因にも!
そんな方はまず、姿勢を正すことから始めてみましょう。
参考:その肩こりやO脚、巻き肩が原因ではありませんか?

 

そのポッコリお腹、反り腰が原因かも?

筋トレをしても、ストレッチをしてもお腹が痩せない人は、反り腰が原因の可能性があります。
反り腰とはその名の通り腰が反ってしまい、お腹が前に突き出たような姿勢になってしまっていることを言います。

 

反り腰セルフチェック

反り腰の人の中には自分が正しい姿勢であると思っている人は意外と多く、自覚症状がないことも多いです。
簡単にセルフチェックができますので、ぜひチェックしてみてください。

①床にまっすぐ仰向けに寝る。
②腰と床の間のすき間に、手の平を入れてみる。
③手の平がすんなり入ったり、まだスペースに余裕があるという方は反り腰の可能性が高いです。
また、就寝するときに仰向けで寝ると腰が痛くなるというのも反り腰の方の特徴です。

もし、反り腰にはじめて気が付いた!というかたは今からでも遅くないので改善方法もチェックしてみてくださいね。
参考:下半身太りは反り腰が原因?治す方法とは?

 

猫背が気になる人は矯正ベルトがおすすめ

意識しているときは姿勢を正せても、無意識になるといつも猫背になってしまう。
そんな人は、矯正ベルトがおすすめです。
矯正ベルトを付けていると、意識して姿勢を正さなくても正しい姿勢に矯正してくれるため、巻き肩が気になる方や深刻な猫背や肩こりに悩んでいる方におすすめです。
参考:骨盤矯正ベルトのダイエット効果【下半身・下腹痩せに】

 

筋トレが嫌い!というダイエット女子におすすめなお腹を引き締める方法

それは、毎日の習慣を変えることです。

短期間でお腹の脂肪がみるみる引き締まっていく筋トレとは違い、じっくり時間をかけて引き締めていく方法です。

 

筋トレなしでお腹ダイエット方法1、背筋を伸ばす

姿勢が悪く猫背になると、お腹の筋肉は使われずにどんどん弱まっていってしまいます。

反対に姿勢を正すと、しっかりと腹筋を使って体を支えることができます。

 

筋トレなしでお腹ダイエット方法2、椅子に座るとき背もたれを使わない

椅子に座るときや座り仕事のとき、背もたれに全体重をかけて座っていませんか?

背もたれを使うと楽ですが、その分腹筋は十分に使われていません。

筋トレなしでお腹が痩せたい人は、背もたれを使わずに座るように心がけましょう。

 

筋トレなしでお腹ダイエット方法3、イスに座るとき足を上げる

お仕事中やお家で座りながらの作業の時、足をたった10cm浮かせるだけで簡単に腹筋を鍛えることができます。

このとき、姿勢はまっすぐを保ったまま、背もたれを使わずに座ってください。

足を上げることでバランスが取りずらくなり、腹筋でバランスを摂るようにして鍛えられるのです。

足を上げて10秒キープを一日に5~10セットすると、お腹がかなり引き締まりますよ。

 

【ほんの少しの意識だけで出来る】くびれウエストダイエットまとめ

筋トレが好きな女性も嫌いな女性も簡単に実践できるお腹ダイエットの方法をご紹介しました。

年齢とともに気になるお腹を引き締めると、スタイルがよくなって若返ります。

お腹が気になってきたら、ぜひ試してみてくださいね。

 

 

この記事を読んだ人におすすめ


この記事を楽しんでいただけましたら、下のボタンからシェアしていただけると執筆の励みになります。