くるみの驚くべきダイエット効果とは?食べすぎ注意

   

 

くるみってカロリー高いのに何で痩せるの?

そう思い、くるみについて色々調べてみました!

すると、くるみには驚くべきダイエット効果がたくさんあることに気が付きました!

そこで今回は、手軽に試せそうなクルミダイエットについてお話したいと思います。

 

スポンサーリンク

くるみのダイエット効果

まずは、くるみがなぜダイエットに良い食材と言われているのかを見ていきたいと思います。

くるみが持つ主なダイエット効果は以下の通りです。

・食物繊維が豊富

・コレステロールが0g

・便秘解消

・むくみにくくなる

・満腹感が得られやすく腹持ちが良い

・ビタミンやミネラルが豊富

・良質な植物性たんぱく質が含まれている

・コレステロール値を下げるオメガ3脂肪酸が含まれている

 

くるみには、たくさんのダイエット効果があるようですね。

では次に、くるみの栄養素についてもっと詳しくみていきましょう。

 

くるみの栄養素

 

α-リノレン酸(オメガ3脂肪酸)

体内で合成することができないため、食品から摂取しなければならない必須脂肪酸の一種です。

体内に入るとDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)と同じ仲間の脂肪酸に変わります。

コレステロール値や中性脂肪値を下げるため、ダイエットはもちろん、心臓病やがんなどの生活習慣病の予防にも効果があるといわれています。

 

食物繊維

くるみには食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維は、糖質や脂質、コレステロールなどの吸収を緩やかにしてくれる働きがあります。

また、ダイエット中になりやすい便秘の解消にも効果があります。

 

ビタミンB1,ビタミンE

ビタミンB1は、糖質をエネルギーに変えてくれたり、脂肪燃焼を促すビタミンとして知られています。

ビタミンEは、アンチエイジングに重要な役割をもっているビタミンで、体内の酸化を防いでくれます。

どちらのビタミンも、ダイエット中は不足しやすいので積極的に摂取したいですね。

 

植物性たんぱく質

良質なたんぱく質は、筋肉を作るのに必要です。

ダイエット中の食事制限でたんぱく質が不足してしまうと、筋肉が落ち、基礎代謝量が下がる原因となってしまいます。

 

くるみダイエットのやり方

食事の前に、くるみを食べるだけです。

1日あたり4~5個程度が目安ですので、3食前に1~2個食べても良いですし、夕食前に4~5個食べてもOKです。

ダイエットや健康にも良いくるみですが、食べ過ぎると逆効果になることも!?

 

くるみを食べ過ぎると?

くるみは、コレステロールを下げてダイエットに効果がある「リノール酸」を多く含んでいます。

食べれば食べるだけダイエット効果がありそうに思いますが、あまり食べ過ぎると逆にコレステロール値を下げすぎてしまうんです。

適度なコレステロールは血管をきれいに保つ働きがありますので、下がりすぎてしまうと血管に汚れがたまりやすくなったり、流れが悪くなり動脈硬化になってしまう恐れもあります。

また、クルミのカロリーは、100 gで約650kcalなので、いくらダイエット向きの食材であるとはいえ食べ過ぎると太ってしまいます。

そのため、くるみダイエットをおこなう際は1日の摂取量は守るようにしましょう。

 

スポンサーリンク

くるみの驚くべきダイエット効果とは?食べすぎ注意のまとめ

今回は、くるみのダイエット効果についてお話ししました。

スーパーなどでも簡単に手に入れられるので、簡単に試すことが出来そうですね。

ダイエット以外にも、美肌効果や健康にも良いので、みなさんもぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?



スポンサーリンク