お腹痩せに効果的な痩せる歩き方とは【下半身ダイエット】

   

 

足が太くなる歩き方があることを知っていますか?

これを知らないと、毎日の生活の中で知らず知らずのうちに少しずつ足を太くしてしまっているかも。

ダイエットや足痩せ体操を頑張ってしているのに、なんで全然細くならないんだろう・・・。

そんな悩みを抱えている方は、一度歩き方を見直してみた方がいいかもしれません。

そこで今回は、足が太る歩き方と痩せる歩き方の違いや方法を詳しくみていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

足が太くなる歩き方って?

足を捕捉したい!と思ってウォーキングを始める方も多いのではないでしょうか。

しかし、せっかく足痩せのためにウォーキングを始めたのに、歩き方を間違えて足を太くしまったのでは本末転倒もいいところですよね。

ずっとウォーキングをしているのに全然痩せない、むしろ太くなった気がするという方は、歩き方を変えるだけで簡単に痩せることができるかもしれません。

では、足が太くなる歩き方とは一体どんな歩き方なのでしょうか?

 

こんな歩き方は足が太くなる!

・前のめりな姿勢で歩く

前傾姿勢になると、ふくらはぎの筋肉を必要以上に使ってしまうため、ふくらはぎの筋肉が発達して大根足の原因になってしまいます。姿勢を真っすぐ正して歩くようにしましょう。

 

・ドスドスと足裏全体で着地する

正しい歩き方は、かかとから着いて、ゆっくりとつま先を下ろすように着地していきます。

足裏全体でドスドスと着地するように歩いてしまうと、足全体の筋肉を正しく使えず一部分だけが太くなってしまいます。

 

・猫背で歩く

猫背になると、腹筋やお尻、太ももの裏の筋肉が十分に使われないため、ぽっこりお腹や太もも裏のセルライトを作る原因になってしまいます。

 

・ハイヒールばかり履いている

ヒールが高い靴を履き続けると、バランスを取ろうとして骨盤が歪んだり、反り腰になってしまいます。

多くの若い女性は、気が付かないうちに反り腰になっている可能性かあります。

足が太くなるだけではなく、反り腰になるとお尻も垂れやすくなってしまいます。

参考記事:下半身太りは、反り腰が原因?

 

思い当たる歩き方のクセはありましたか?

一つでも当てはまる方は、歩き方を改善してみた方がいいかもしれません。

 

足が太くなる原因の浮き指ってなに!?

歩き方以外の足が太くなる原因の一つとして、浮き指が考えられます。

浮き指とは、まっすぐ気を付けの状態で立った時に足の親指が地面にしっかりくっついていない状態のことを言います。サイズの合わない靴を履いて指に力が入ったり、運動不足になることが浮指になる原因と考えられています。

浮き指のままウォーキングを続けていると、足裏に均等に体重がかからないため、一部の筋肉が異様に発達して太ももやお尻が極端に太くなったり、ふくらはぎの筋肉が発達して硬くなったりします。

ほかにも、少し歩いただけで足が疲れたり、足がうっ血状態になり冷えやむくみが起こりやすいため、痩せにくくセルライトの付きやすい足になってしまいます。

 

ほかにも、内またで歩く癖がある、偏平足や外反母趾の人なども、足が太くなりやすいです。

このように、足の形が変形してしまっていると歪みを補おうとしてクセのある歩き方になったり、本来かかるべきところ以外に力が入って足が太くなってしまいます。無理をしたままウォーキングを続けると、さらなる歪みの原因となったり、足がどんどん太くなる一方です。

これらの足の原因を改善するには、整体院などで施術をしてもらったり、テーピングをして正しい部分へ力がかかるようにする必要があります。

 

下半身が痩せる歩き方とは?

ちょっとした歩き方のコツを知ることで、今よりもっとウォーキングの足痩せ効果を上げることができます。

具体的な痩せる歩き方は、以下の通りです。

 

【 着地はかかとから 】

歩くときは、かかとから着地するように気をつけます。

そうすることで足に余計な衝撃や力がかからず、筋肉のハリを和らげることができます。

 

【 地面を蹴るときはつま先を使う 】

後ろにきた足で地面を蹴って前に進みますが、そのときにつま先を使うように意識します。

足の指を意識的に使うことで、浮指防止にもなります。

 

【 膝は伸ばすように 】

意識的に膝を伸ばすようにして歩きます。特に、地面を蹴るときに後ろにきた方の膝は伸ばすように。

そうすることで、太ももの裏やお尻の筋肉もしっかり使うことができるので、太もも痩せやヒップアップができます。

 

【 背筋を伸ばして、肩甲骨を動かすように腕を振る 】

猫背になると、背中や腹筋など上半身の筋肉を正しく使えなくなります。

背筋は真っすぐ伸ばし、しっかりとお腹に力を入れて胸を張った姿勢を保つように歩きます。

腕を振るときは、前に振りすぎず、後ろに引くように振ります。そうすることで、肩甲骨を動かすことができ、背中の筋肉や腹筋も鍛えることができます。

 

【 大股で歩く 】

正しい姿勢で大股で歩くと、小幅で歩くよりもたくさんのカロリーを消費することができます。

お腹やお尻、太もも裏の筋肉を使うことを意識しながらしっかり腕を後ろに引くようにして大股で歩くと、全身の筋肉が使われてどんどん引き締まっていきます。

 

スポンサーリンク

ウォーキングの消費カロリー

体重60kgの人が、大股で少し速足で歩いた場合の消費カロリーは、

1時間で315kcalです。

これは、ごはん約2杯分に相当します。

ウォーキング1時間を1ヶ月間続けた場合、約1.3kg痩せることが可能です。

 

ウォーキングは、ジョギングや水泳などに比べると消費カロリーは少ないですが、それらの運動に比べると始めやすく、生活の中に取り入れやすいので、緩やかでも確実に痩せたいという方にはおすすめの有酸素運動です。

参考記事:消費カロリー比較!痩せる有酸素運動とは

 

痩せる歩き方で、下半身ダイエットのまとめ

今回は、体重を落としながら、足痩せもできるウォーキングダイエットをご紹介しました。

歩き方を少し変えるだけで、下半身太りから抜け出すことができるかもしれません。

ウォーキングダイエットで、ぜひほっそりとした美脚を手に入れてくださいね。

 

【おすすめ記事】

ジョギングは苦手という人向けのジョギング方法

スロージョギングのダイエット効果がすごいと話題

 

水泳で脂肪を燃やすのが一番効果的?

水泳の消費カロリーとダイエット効果!一番痩せるのはやっぱりクロール?

 

ダイエットをしても痩せない方へ

骨盤の歪みを治す体操やストレッチ《骨盤矯正まとめ》



スポンサーリンク