脂肪燃焼スープの作り方とダイエット効果は?体験談あり

   

 

食べれば食べるだけ痩せられるという、脂肪燃焼スープダイエットを聞いたことがありますか?

これは、1週間で8キロ痩せた人もいるという魔法のようなダイエット方法です。
でも、本当にそんなに痩せるの?そんなに痩せて体に悪くないの?と思ってなかなか実践できない方もいるかもしれません。
そこで、脂肪燃焼スープダイエットを実際に1週間試したことがある私の体験も交えながら、その方法と効果を明らかにしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

脂肪燃焼スープダイエットって何?

文字通り、脂肪を燃焼させる効果のあるスープをひたすら食べ続けるダイエット方法です。ダイエット期間は1週間と決められており、その間は脂肪燃焼スープ以外にも決められた食材であれば食べていいルールになっています。

発祥は、心臓の外科手術前に体重を落とす必要がある患者を急激に痩せさるために病院で出された食事がもとになっているようです。そのため、短期間で痩せるダイエット方法の中では比較的、健康で安全に痩せられる効果があります。

 

 

脂肪燃焼スープの材料と作り方

〇材料〇

・トマト3個 (トマト缶でもOK)

・セロリ1本

・キャベツ1/2玉

・にんじん1本

・ピーマン1個

・コンソメ

 

これだけでOKです。手軽に購入できるものばかりなので作りやすいですね。

これを食べやすい大きさにカットしたあと大きな鍋にいれて、材料が浸るくらいまで水を入れて煮ていきます。スープはまとめて作って数日にわけて食べてもOKですし、同じものが飽きる方はコンソメ味の他にもカレー味などに変えてもいいでしょう。

 

 

脂肪燃焼スープダイエットの1週間のスケジュール

1日目 ~スープと果物の日~

この日は、バナナ以外の果物と脂肪燃焼スープだけを食べます。水分は、水かフレッシュジュースのみ。

朝:フレッシュジュースor脂肪燃焼スープ

昼:脂肪燃焼スープ

夜:脂肪燃焼スープ

 

2日目 ~スープと野菜の日~

この日は、豆やコーン以外の野菜とスープを食べます。夜だけ焼いたイモを食べてもOK。
野菜の調理法は、油を使わなければ焼いても蒸しても大丈夫です。

朝:脂肪燃焼スープ

昼:脂肪燃焼スープと野菜

夜:脂肪燃焼スープと野菜 (ベイクドポテトも可)

 

3日目 ~スープと野菜と果物の日~

バナナ以外の果物と野菜とスープを好きなだけ食べてもOK。少しふらつく場合は、ご飯やうどんなど消化の良い炭水化物を少量だけなら食べても大丈夫です。

朝:フレッシュジュースor脂肪燃焼スープ

昼:脂肪燃焼スープ+果物+野菜

夜:脂肪燃焼スープ+果物+野菜

 

4日目 ~スープとバナナとスキムミルクの日

やっと4日目です。この日はバナナが食べられるので少し楽になります。
バナナは3本食べてOK。タンパク質を補うためスキムミルクを500ml飲みます。
(スキムミルクが苦手な方は、水とバナナと一緒にスムージーにして飲むと飲みやすいです。)
この日は多めに水を飲んでください。

朝:バナナ1本+スープ

昼:バナナ+スープ

夜:バナナ+スープ+スキムミルク

 

5日目 ~スープとお肉とお魚とトマトの日~

いよいよ後半戦。食べられる食材も多くなってきましたね。
この日は、400~600gの赤身の牛肉or同量の鶏肉か煮魚と、トマト4~6個、スープを食べます。

朝:脂肪燃焼スープ

昼:お肉+トマト+脂肪燃焼スープ

夜:お肉orお魚+トマト+脂肪燃焼スープ

 

6日目 ~スープと牛肉と野菜の日

この日はなんと、牛肉を好きなだけ食べてもOKです!お肉大好きな人には嬉しい一日。
2~3枚のステーキを食べても大丈夫で、焼き方や部位も自由です。スープも必ず1杯以上は飲んでください。

朝:脂肪燃焼スープ

昼:脂肪燃焼スープ+牛肉+ベイクドポテトも可

夜:脂肪燃焼スープ+牛肉+野菜

 

7日目 ~スープと玄米の日~

いよいよ最終日!体重測定が待ち遠しいですね。
この日は、スープと玄米を好きなだけ食べてもOKです。

朝:スープ

昼:スープ+玄米ごはん+野菜

夜:スープ+玄米ごはん+フレッシュジュース

 

1週間お疲れさまでした!!いよいよ体重測定です。
しっかり体重は落とせましたか?

 

おすすめ:燃焼スープダイエット中は、ゆったりストレッチがおすすめ

 

~最終日を迎えたあとの注意事項~

せっかく1週間頑張ったのに、リバウンドしてしまっては元も子もないですよね。
このダイエットを終えたあとは、体の吸収力があがっています。いきなりドカ食いなどしてしまっては、ダイエットを始める前より体重が増加してしまう可能性も!
そうならないために、ゆっくりと元の食事量に戻していくように心がけましょう。元の食事量、食事内容に戻すのに少なくとも4~7日はかけてください。

 

 

参考:痩せる燃焼系サプリメントのおすすめランキング

 

脂肪燃焼スープダイエットのメリット・デメリット

◇メリット◇

・多くのビタミンや食物繊維で腸内環境も整える

・ダイエット効果のほかに便秘改善や美肌効果もある

・短期間で痩せられる

・ダイエット中なのにたくさん食べてもいい

・材料を簡単に揃えられるから手軽に試すことができる

 

◆デメリット◆

・野菜が嫌いな人は試せない

・毎日スープを食べないといけないので飽きるとツライ

・普通のご飯が無性に食べたくなる

・セロリとピーマンが入っているのでスープのクセがすごい

 

などがあります。しかし、ダイエットには我慢がつきもの!と割り切って、1週間だけ頑張れる方は確実に痩せることができるダイエットプログラムですので、オススメです。

 

スポンサーリンク

実際に筆者がやってみた結果

私がこのダイエットに挑戦したのは1年前です。
このダイエットプログラムを始める前は身長160センチ、体重は54キロ、年齢30歳でした。
1週間がんばった結果、3キロ痩せました!
よくある口コミのようにマイナス8キロとはいきませんでしたが、1週間という短い期間を考えると3キロでも十分凄いなと思いました。
ただ、毎日スープを飲むのが結構ツラかったです。。
野菜は好きな方なので、初日はめちゃめちゃ美味しいしコレなら続けられそう!と思っていましたが、3日目くらいからピーマンの風味が気になり始め、スープのにおいを嗅ぐのも嫌になりました。
同じものばかりでカラダが拒絶しているのかも(^^;)

でも医療の現場でも実践されていた食事方法だから大丈夫!と自分に言い聞かせてなんとか1週間やりきったという感じです。
4日目のバナナや、5日目のお肉までたどり着けると一気に楽になりますので、最初の3日はつらい時期がくることも想定して頑張ってくださいね。

 

まとめ

脂肪燃焼スープは本当に痩せられますが、何キロ痩せられるかはプログラムの達成度や元の体重などによるところが大きいと思います。毎日同じ材料の入ったスープを飲まないといけないため、このダイエットの最大の敵は飽きることです。
しかし、体質改善やデトックスもできるためダイエットはもちろん、美肌効果や便秘改善効果もあり、女性には嬉しい効果がたくさん詰まったダイエット法です。

ぜひ皆さんも一度試されてみてはいかがですか?

 

 

この記事を読んだ人におすすめ


この記事を楽しんでいただけましたら、下のボタンからシェアしていただけると執筆の励みになります。