スクワットダイエットのやり方【効果的な呼吸法がカギ】

   

「全身ダイエットなら、スクワットがいいよ」

私が某有名スポーツジムに通いはじめた時、最初にインストラクターさんからこう言われました。

「スクワットって、下半身しか痩せないんじゃないの?」
「スクワットで全身ダイエットが本当にできるの?」とはじめは疑問に思いました。

しかし、きちんとしたやり方でスクワットを続ければ、本当に全身ダイエットが可能になるんです!

では、なぜ全身ダイエットにはスクワットがいいのか、正しいやり方や呼吸法はどのようなものがあるのかなど、スクワットについて詳しく解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

全身ダイエットならスクワットが一番!

みなさんは、ダイエットを始めたとき何から始めますか?

食事制限、有酸素運動、筋トレ・・・

その方法は多々ありますが、全身をキレイに痩せたいと思うならスクワットがもっとも効果的な方法だと思っています。

スクワットにはただ痩せられるという効果だけでなく、下半身を細くしたり、ヒップアップやポッコリお腹も引き締められるという驚きのダイエット効果があるからなんです。

食事制限や有酸素運動も、ダイエットをおこなう上でもちろん必要ですが、
「綺麗に痩せる」ことを目指すなら、スクワットは最も効果的であるといえます。

スクワット15回で腹筋500回の効果!?

スクワット15回で腹筋500回の効果があると聞いたことはありませんか?

これは、腹筋がお腹の筋肉だけを使うのに対し、スクワットは全身の筋肉を使うからなんです。スクワットは、下半身の筋肉はもちろん、お腹や背中、腕などの細かいところまで全身の筋肉を万遍なく使うため、腹筋だけをするより筋肉量が増えやすいというわけです。

スポンサーリンク

スクワットをするとどこが痩せるの?

スクワットは全身運動なので全身痩せることができますが、その中でも特に痩せやすい部分をご紹介します。

太もも

特に、太ももの裏のハムストリングスという大きな筋肉が鍛えられます。体の中で一番大きな筋肉を鍛えることで、消費カロリーも増し、効果的に痩せることができます。

お尻

大臀筋というヒップアップに欠かせない筋肉もスクワットで鍛えることができるので、お尻を上げながら多くの脂肪を落とすことができます。

お腹

スクワットは下半身運動かと思われがちですが、上半身の筋肉もしっかり使っています。特に腹筋は下半身と繋がっているため、上半身の筋肉の中で一番鍛えられやすいところです。

スクワットの正しいやり方

【基本のスクワットのやり方】

まず、肩幅くらいに足を開きます。

手は前に上げるか、頭の後ろに置きます。(どちらでも効果はかわりません。)

 

 

そのままゆっくりと腰を下ろします。

膝~太ももが床と平行になるまで腰をさげ、また元の体勢に戻ります。

これを15回おこなっていきます。

 

【注意点】

・つま先より膝が前に出ないようにすること!(膝を前後に動かさない)

・後ろにイスがあるとイメージしながらお尻を後ろに引くように腰を下ろすこと

・背筋はまっすぐ伸ばしたまま行うこと

です。

 

【ワイドスタンススクワットのやり方】

このスクワットは、基本のスクワットよりも足を大きく開くことによって、大臀筋とハムストリングスを重点的に鍛えます。

 

・足を肩幅よりも大きく開き、つま先は外側に45度くらい開く

・手は前に上げるか、頭の後ろに置きます。(どちらでも効果はかわりません。)

 

そのままゆっくりと腰を下ろします。

膝~太ももが床と平行になるまで腰をさげ、また元の体勢に戻ります。

これを15回おこなっていきます。

 

【注意点】

・つま先より膝が前に出ないようにすること!(膝を前後に動かさない)

・後ろにイスがあるとイメージしながらお尻を後ろに引くように腰を下ろすこと

・背筋はまっすぐ伸ばしたまま行うこと

です。

 

スクワットをする時の呼吸は?

筋肉は、息を吸ったときに硬くなり、吐いたときに柔らかくなるという性質をもっています。

ですので、スクワットでは膝を曲げるときに息を吸い、膝を伸ばすときに息を吐くようにします。

さらに、鼻から吸って口から吐くように意識しながらスクワットをおこなうと、より効果的です。

正しい呼吸法でスクワットをすると、消費カロリーも筋肥大効果も大きく変わってきます。

動作をゆっくりとおこないながら、しっかりと酸素を取り込んで、スクワットダイエットの効果を最大限に引き上げましょう。

 

スクワットのやり方と、ダイエットに効果的な呼吸法のまとめ

痩せたいと思ってもなかなか痩せないお腹。

一生懸命、腹筋を続けているのになかなか引っ込まない。

そんな方には、スクワットでまず全身の筋肉を鍛えることがおすすめです。

そうすることで、筋肉を鍛えながら脂肪を落とせるので、より効果的にぽっこりお腹を引っ込めることができます。

みなさんもぜひ、ダイエットにスクワットを取り入れてたくさん痩せてみてくださいね。

 
 



この記事を楽しんでいただけましたら、下のボタンからシェアしていただけると執筆の励みになります。