宿便ゴッソリ!「梅流しで宿便がでる」は嘘だった!?筆者が失敗した方法と作り方

   
宿便が出る梅流し

私は、宿便をドッサリ出すことに憧れています。なぜなら、宿便を出すことには「肌が綺麗になる」「痩せやすくなる」「むくみが軽くなる」「口臭がなくなる」など、女性にとって嬉しい効果がぎっしりと詰まっているからです。

そんな私が宿便を出す方法をいろいろ調べた結果、【梅流し】という飲み物で宿便をドッサリ出すことができるという方法を見つけました。

そこで今回は、実際に私が試してみた梅流しの効果や宿便について詳しくお話していきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

宿便とは

宿便とは

宿便とは、腸壁や小腸のヒダヒダにこびりついた滞留便のことをいいます。通常の便で宿便を落とすことは難しく、長期間(7日以上)の断食でしか宿便を出すことはできないといわれてきました。しかし、梅流しの存在がその常識を覆すこととなるのです。

 

梅流しとは

梅流しとは、水で大根をことこと煮た後の煮汁に、梅干しを溶かしながら飲むものです。最低48時間以上の水断食(酵素ドリンクも使わない)を行ったあとに梅流しを飲むことで宿便をドッサリ出すことができると、いまSNSでも話題となっています。ではなぜ、梅流しを飲むだけで宿便を出すことが出来るのでしょうか。

 

スポンサーリンク

梅流しの効果

梅流しの材料は、梅干しと大根です。実は、梅干しに含まれているクエン酸には、汚れを浮かせるクレンザーの役割があります。そして大根に含まれている食物繊維が、ブラシの役割をするそうです。つまり、梅干しのクエン酸で落としやすくなった滞留便を、ブラシ(大根)でかき出すことで、宿便がドッサリでるという仕組みです。

さらに梅干しは、疲労回復、血液さらさら、生活習慣の改善、美肌、エイジングケアが期待できるスーパーフードです。断食後の吸収が良くなっている体に梅干しを入れることで、これらの効果を最大限に得られやすくなります。

 

短期間の断食と梅流しで宿便が出るって本当?

SNSでも話題となっている梅流し。本当に大量の宿便を出す効果があるのか、非常に気になったので実際に試してみました。

筆者が試した内容は、2日の準備食・3日の本断食→梅流しです。

 

結論から言うと、

梅流しで宿便はでませんでした。

 

しかし、失敗した理由が3つ考えられます。

①断食中に、レモン水を飲んでいた

②梅流しの量が足りなかった

③梅流しと一緒に大根の果肉を食べかなった

です。

①48時間以上の断食後に梅流しを飲む理由は、飢餓状態になった体にクエン酸を入れることでクエン酸のクレンザー効果を最大限に発揮するためです。断食中はノンカフェインのハーブティーを飲んでもいいと聞いていたため、レモン水もOKだと思っていました。しかし、このことで梅干しのクエン酸の反応が鈍ったのかもしれません。

②梅流しは、宿便が出るまで3~10回ほど飲まないといけないらしいです。飲んで30分様子を見ることを繰り返します。が、私は3回飲んだ時に材料が切れてしまい、完遂することができずに諦めてしまいました(断食明けで、買い物へいくのもしんどかったため)。一番の原因は、これかもしれません。梅流しにはかなりの大根と梅干を使うため、事前に十分な量を準備しておきましょう。

③梅流しのやり方を色々調べていると、大根の果肉も一緒に食べる方法と、煮汁だけを飲む方法とが出てきます。煮汁だけでも「宿便が出た!」といっている人が多いですが、大根の”ブラシ効果”を十分に発揮させるためには、果肉も食べた方がいいのかな?と終わってから思いました。

次に挑戦するときは、これらのことに注意しながら行いたいと思います。

 

梅流しの作り方

自宅で簡単にできる梅流しの作り方をご紹介します。

 

梅流し作り方

①大根を一口サイズに切る。(細かく切ることで、大根エキスが水に出やすくなります。

②たっぷりの水と大根を中火で30分以上煮る(前日に作っておくことで、大根のエキスが出やすくなります)

③汁を大きめのどんぶりに取り、梅干しを溶かしながらゆっくりと飲みます。

梅流し

これだけです。効果を十分に感じたい人は、梅流し→大根の果肉を交互にゆっくり噛んで食べます。私は、3日間の断食明けだったので固形物を食べることを避けましたが、ゆっくりよく噛んで食べれば大丈夫だったのでは?と、宿便がでなかった今となっては後悔しています。

 

宿便と梅流しまとめ

今回は、私が試した宿便を出す方法「梅流し」についてご紹介しました。残念ながら私は宿便を出すことはできませんでしたが、失敗をしたからこそ改善点や注意点をみつけることができました。断食後の梅流しは、専門家や医師も認めている宿便を出す方法なので、次回は絶対に失敗しないように再挑戦したいと思います。

みなさんも梅流しで宿便を出す際は、注意しながらやってみてくださいね。

 

 

 

この記事を読んだ人におすすめ


この記事を楽しんでいただけましたら、下のボタンからシェアしていただけると執筆の励みになります。