便秘解消【ヨーグルトダイエット】で痩せる!効果的で簡単な方法とは?

   

何をやっても痩せない!

便秘がなかなか治らない!

こんな悩みを抱えているダイエット中の女性って、結構多いですよね。

今回のダイエットで絶対に痩せたい!けど、便秘だから思うように痩せられない・・・

おなかが張って辛いから便秘薬はかかせない。でも体に悪そうだから気が引ける・・・と悩んでいませんか?

体のメカニズム的にも、女性は男性より便秘になりやすいということがわかっています。

「じゃあ、何をやっても無駄なの?」

いいえ、便秘はきちんとした食生活や運動を取り入れたり、少しの工夫をするだけで改善していきます。

今回は、その少しの工夫の部分に触れていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

便秘になる原因とは

そもそも、便秘はなぜ起こってしまうのでしょうか?

便秘になる原因には、大きく分けて5つあると言われています。

 

筋力の低下

特に、直腸や肛門付近の筋肉が衰えることによって、便意を感じても便を出しにくくなってしまいます。

腹筋を鍛えることで、便秘が解消したという例もあるようです。

 

食事や水分量が足りていない

過度な食事制限により食事の量が足りていなかったり、水分不足で便が硬くなったり便の回数が減ることがあります。

また、便が硬くなると力を入れても出にくくなったり、肛門付近が傷つく恐れもあるため、ダイエット中の水分補給は意識的にこまめに摂るようにしましょう。

 

意識していない

不規則な生活をおくることで、排便のことを忘れてしまうという人も結構たくさんいます。

私たちのカラダは、脳から指令を送られて動いていますが、腸や胃などの器官も同じなのです。

便秘がちの人は、意識をして排便のことを思い出すようにすると便意をもよおしやすくなります。

 

悪玉菌の増加

悪玉菌は便秘になる直接の原因ではないとされていることもありますが、腸内の悪玉菌が増えると便秘が治りにくくなるようです。

また、悪玉菌は通称【デブ菌】とも呼ばれ、体を痩せにくくしてしまいます。

ダイエットをしている人は、善玉菌【痩せ菌】を増やして痩せやすい体作りをしたいですね。

 

ヨーグルトが便秘解消やダイエットに効果的な理由

そんな頑固な便秘ですが、なぜヨーグルトを食べると便秘に効果があると言われているのでしょうか?

 

ヨーグルトで腸内環境を整えて便秘解消

種類にもよりますがヨーグルトには、たくさんの乳酸菌が含まれています。

乳酸菌は、小腸で栄養素の消化吸収を促進してくれる善玉菌の一種です。

その中でも特に効果を発揮してくれるのが、【ビフィズス菌】です。

よく知られている乳酸菌なのでご存知の方も多いと思いますが、ビフィズス菌は腸内で乳酸や酢酸を作って腸内を酸性にし、腸内の悪玉菌をやっつけてくれる効果があると言われています。

そのため、善玉菌が優勢になり、腸内の健康が保たれやすくなります。

 

脂肪分解効果

あまり知られていない事実ですが、ヨーグルトの中には内臓脂肪を抑制したり、脂肪分解効果があるヨーグルトがあります。

そのような効果を得たい場合は、以下のようなヨーグルトを選ぶとよいでしょう。

 

ガセリ菌SP株入りヨーグルト

CMやスーパーなどでたまに目にする【ガセリ菌SP株】

これが含まれているヨーグルトは、内臓脂肪を抑制してくれる効果が見込めます。

内臓脂肪は見た目だけではわからず、痩せている人にも付いている可能性がある脂肪で、生活習慣病などの原因にもなる怖い脂肪であることが知られています。

特に、過去に痩せたり太ったりを繰り返している人や、食事制限のみで痩せた人は内臓脂肪がたっぷり付いている可能性があるので要注意です。

 

スポンサーリンク

ヨーグルトダイエットのやり方

ここまではヨーグルトが便秘解消に効果的な理由をお話してきましたが、

では、具体的にヨーグルトダイエットはどのようにやれば良いのでしょうか?

自宅で簡単にできるやり方をご紹介します。

 

ヨーグルトの選び方

まずは、どのようなヨーグルトを選ぶかが重要です。

ヨーグルトにはたくさんの種類があるため迷ってしまいそうですが、ヨーグルトダイエットに使うヨーグルトを選ぶには少し注意が必要です。

 

プレーンヨーグルトを選ぶ

当たり前といえば当たり前かもしれませんが、市販のヨーグルトの多くには沢山の糖分が含まれているためダイエットには不向きです。

必ず無糖のプレーンヨーグルトを選ぶようにしましょう。

(たまに砂糖が付属していますが、使わずそのまま食べるようにしましょう)

 

ガセリ菌SP株入りを選ぶ

先ほどもご紹介したように、ガセリ菌SP株には内臓脂肪を抑制する効果があるため、これを選ぶとダイエット効果がアップします。

ちなみに、市販のものでガセリ菌SP株入りのプレーンヨーグルトは【メグミルクナチュレ恵】です。

安価で試しやすいのでぜひ試してみてください。

 

市販ヨーグルト別効果の比較

◆ダノンビオ

ダノンビオには、【BE80菌】が含まれています。

BE80菌は、生きたまま腸に届く乳酸菌として知られています。

ガスが溜まりおなかに不快感や違和感があるという方に効果的です。

 

◆明治ブルガリアヨーグルト

明治ブルガリアヨーグルトには、LB81乳酸菌が含まれています。

このLB81乳酸菌とは、ブルガリア菌とサーモフィラス菌を一種にしたものです。

この2つを同時に摂取することで、互いの弱点を補ってたくさんの乳酸菌を生成してくれます。

そのため、ビフィズス菌も増やし便秘解消効果や美肌効果も期待できます。

 

いつヨーグルトを食べるのが効果的?

ヨーグルトダイエットでは、ヨーグルトを食べる時間によってやり方が3通りあります。

そのやり方とは、食前・夜・一食置き換えです。

 

食前に食べるヨーグルトダイエット

このやり方は、朝・昼・晩の食前にヨーグルトを200g食べる方法です。

食前にヨーグルトを食べることによって、食事量を減らすだけでなく、腸の働きを活発にして消化吸収を助けてくれる効果があります。

 

夜食べるヨーグルトダイエット

夜21時頃に、200gのプレーンヨーグルトを食べる方法です。

なぜ21時なのかというと、腸は22~2時頃に活発に動くといわれているため、その前に食べると腸の働きをサポートする効果が見込めるためです。

また、寝ている間に腸を整えてくれるので、朝一で排便しやすくなり便秘解消効果もアップします。

 

一食置き換えヨーグルトダイエット

夜ごはんのかわりにヨーグルトを食べる方法です。

ヨーグルトだけでは満足感が足りない人は、蒸し野菜や蒸し鳥などをプラスしてもOKです。

ただし、一食置き換えの場合は急激に体重が減ってしまうこともあるため、長くても1~2週間くらいで中断することをおすすめします。

このやり方は、最近食べ過ぎていて一度体をリセットしたい人に効果的です。

 

便秘解消【ヨーグルトダイエット】で痩せる!効果的で簡単な方法とは?まとめ

今回は、便秘も解消してくれるヨーグルトダイエットについてご紹介しました。

今まで何をやっても痩せなかった人・今回こそは本気で痩せたい人は一度ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

 

この記事を読んだ人におすすめ


この記事を楽しんでいただけましたら、下のボタンからシェアしていただけると執筆の励みになります。